建築許可件数

建築許可件数とは何か?建築許可件数を分かりやすく解説

「建築許可件数」とは言葉の通り、建設を始めるために許可を得ることができた許可証の数を表した指標です。具体的に言うと、建築基準法(生命・健康・財産を守るための建築や土地に対してルールを定めた法律)都市計画(健全で秩序あるまちづくりを行うための計画)などで認められていない建築物を、特定行政庁(建築主事を置く地方公共団体長のこと)が許可を与えた件数のことを指します。

 

地域によって建築できる建物が制限されている「用途地域」では特別な事情がある場合は特例として、建築審査会の裁決をパスして建築許可を得ることが可能です。

 

また、建築許可件数と似た指標に「住宅着工件数」という指標があります。住宅着工件数とは、国内で着工(工事にとりかかること)された新設住宅の件数を表している指標です。

 

建築許可件数と住宅着工件数の両者は、季節調整済みの年率換算ベースにて発表されます。このようにして発表された件数と前月比の推移によって、住宅投資(建築物を新築・増築するための投資)における動向を確認することができるのです。

 

また、建築許可数における統計は「一戸建て」「集合住宅」に分かれています。割合としては、一戸建てが8割以上を占めているというのが現状です。さらに、「北東部」「南部」「西部」「南西部」の地域によってさらに分別されて発表されるでしょう。

 

そして、建築許可件数は建築開始前に許可申請が行われることから、住宅着工件数の先行指標(今後の見通しとなる指標)となることもあります。ただ、建築許可件数は住宅件数よりも、件数が少なくなるという傾向があることは抑えておきましょう。なぜかというと、アメリカ合衆国全体において、建築許可は必要だとは限らないからです。

 

また、建設許可件数は気候や自然災害などに左右されやすいため、月ごとに大きいバラつきが発生しやすいという性質を持ちます。このような特徴を踏まえた上で、建設許可件数をチェックしていきましょう。

建築許可件数のFXにおける影響度・チャートの値動き

建築許可件数はFXにおいて、どのような影響を与えるのでしょうか?前提として、住宅関係の経済指標は経済動向に大きな影響を与えます。住宅は一戸あたりの単価が非常に高いからです。

 

また、住宅が建設されることによって波及効果(一見関係がないように思われる物事にも影響を与えること)も期待できます。たとえば、住宅の建設にともなう家具や家電などへの支出などが波及効果の例として挙げられるでしょう。そのため、建設許可件数は経済動向の見通しを立てる上で欠かせられない経済指標となるのです。その上、建設許可件数は住宅関連の経済指標の中でも発表が早いため、経済動向における先行指標としても非常に注目度が高いと言えます。

 

また、建築許可件数の増減によって、住宅投資における景気動向の判断材料になるということを前項でお伝えしました。そのため、建築許可件数は住宅市場にとって重要な指標となることもあるのです。

 

一般的に、建築許可件数が増加すると好景気だという見方が多いでしょう。そして、好景気だと判断されるということはドルが買われやすくなるということです。さらに、建築許可件数が予想よりも高い数値になったときも米ドルは買われやすくなり、予想数値よりも低い数値になったときは売り材料として判断されるでしょう。

 

一方、アメリカではさまざまな不動産ローン商品が充実しているため、建築許可件数などの建築関係の経済指標は世界中で注目されているのです。

まとめ

建築許可件数について、理解を深めることができたと思います。建築関連の経済指標は大きな影響を景気動向に与えるため、株式市場や為替市場などのマーケット関係者たちからの注目度が非常に高いです。そのため、建築関連の経済指標のひとつである建築許可件数は、FXトレーダーとしてしっかりとチェックしていきたいところだと言えるでしょう。

おすすめの記事