【FBSの口座開設】簡単!写真付き解説

【FBSの口座開設】簡単!写真付き解説

FBSの口座開設手順を説明していきます。
FBS
の公式ホームページ へアクセスしてみましょう。

 

fbs-03

fbs-02

FBSの口座の種類ですが、「スタンダード口座」「セント口座」「マイクロ口座」「ゼロスプレッド口座」「ECN口座」の5つがあります。


この手順紹介においては「スタンダード口座」を例に口座開設を進めていきます。

 

fbs-03

 

真ん中の赤い「取引口座を開設する」ボタンまたは右上の「口座開設」をクリックします。

 

fbs-04

 

トレーダー登録画面 です。

 

ここから登録をスタートします。

 

まずは「Eメール」「氏名」を入力し、「トレーダーとして登録する」ボタンをクリックしましょう。
その際にFacebookGmailのアカウントをお持ちの場合には、そちらを使って登録することも可能です。

 

fbs-05

 

内容確認画面です。特に問題がなければ「進む」ボタンを押して次へ進みます。

 

fbs-05-1

 

その次のページで「MetaTraderバージョン」「口座開設」「レバレッジ」の3つを設定していきます。

 

MetaTraderバージョンは、「MetaTrader4(MT4)」か「MetaTrader5(MT5)」の2つから選択します。
EA取引(自動売買)やインジケーターを活用したトレードが希望なら「MT4」、裁量トレードを行いたい場合には「MT5」を選びましょう。よくわからない場合には「MT4」を選んでおくのがベターです。

 

口座通貨は、「USD」「EUR」「JPY」の3つから選択できます。ここでは「JPY」を選択しましょう。
レバレッジは、「1:50」「1:100」「1:200」「1:500」「1:1000」「1:2000」「1:3000」の中から選択できます。ただしECN口座は500倍、セント口座は1000倍と、口座によってレバレッジに制限がありますので、事前に確認しておきましょう。

 

以上の内容で選び終わったら「口座開設」ボタンを押します。

 

fbs-06

 

以上で口座開設について完了となります。
完了と同時に登録メールアドレス宛に口座開設に関するメールがFBSより届きますので、内容を確認しておきましょう。

 

fbs-07

 

届いたメールは「取引口座登録番号」というタイトルのメールです。
本文にはプラットフォームについてのダウンロードリンクやログイン情報が記載されています。

 

ダッシュボード(個人エリア)

fbs-08

 

口座開設終了後、「ダッシュボード(個人エリア)」の補足設定を行っていきます。

 

初回アクセス時には現在の居住地を聞かれますので「JAPAN」と表示されていることを確認し「Yes, it is correct」をクリックしましょう。

 

fbs-09

 

現在ページの中央部分に4つの丸いアイコンがあります。そのうち「口座を開く」および「メールを確認」はチェック済みの状態となっているものの「電話番号を確認する」「ご本人確認」の部分にはチェックが入っておりません。この残り2つの項目を埋めていく作業をこれから行います。

 

電話番号を確認する

fbs-10

 

最初に「電話番号を確認する」をクリックします。クリック後には上記画面が表示されます。
国番号はすでに+81と設定がなされていますので電話番号を入力します。
ここではSMSが受信できる端末を登録しましょう。その際携帯電話の最初の0を取ってから入力するようにしましょう。入力後「コードを取得」ボタンをクリックすると入力した携帯電話端末にSMSが届きます。

 

fbs-11

 

SMSには「認証コード(5)」が記載されております。認証コードをテキストボックスに入力し「電話番号を確認する」ボタンを押しましょう。

 

fbs-12

 

送信したあとは最初の画面に戻りますが、「電話番号を確認する」アイコンがチェック済マークに変わったことを確認しましょう。電話番号登録は以上で完了となります。

 

本人確認

次に「ご本人確認」の設定を行っていきましょう。
FBSでは本人確認用の資料は1種類のみの提出となっています。

 

fbs-13

 

こちらが本人確認のページになります。

 

「身分証の番号」と「生年月日」を入力していきますが、ここで言う「身分証の番号」は免許証番号やパスポート番号を指します。

 

この画面において、身分証を撮影したファイルをアップロードしなければなりません。
本人確認用の身分証として「運転免許証」「パスポート」「写真付きマイナンバーカード」「住基カード」等の中から1つを選択して撮影し、ファイルをアップロードします。ただし運転免許証やパスポートの場合は、有効期限内であることを確認した上で撮影に臨みましょう。

 

fbs-14

 

以上の作業がすべて終了し、「リクエストを送信」ボタンを押します。その後は審査完了までしばらく待ちましょう。
FBSによる審査が終わったら、登録しているメールアドレス宛に「個人エリア確認済み」のメールが届きます。

 

fbs-15

 

「個人エリアは確認されました」メールが届きましたら、口座開設に関する手続きはい終了です。
あとは口座入金を行って取引の開始となります。