TradersTrust

TradersTrust(トレーダーズトラスト)は、海外FX業界の中でも特に「取引の透明性」に重きを置いている海外FX業者です。取引の透明性とは、FX業者が意図的にレートを操作したりせずに、公正な取引が行われるかどうかを意味することを指します。

 

TradersTrustでは「NDD方式」を取引方式として完全徹底しているため、取引の透明性が極めて高くなっています。NDD方式を取り入れている場合は、FX会社内にディーラーが存在しません。そして、トレーダーの注文がそのままインターバンク市場に流されるため、取引の透明性が確保されるのです。

 

国内FXではほとんどの業者がNDD方式を導入していないため、「レートを意図的に操作して利ざやを稼いでいるのではないか?」という懸念がささやかれています。一方、TradersTrustをはじめとした海外FX業者では、そのような心配をする必要がありません。

 

この記事では、海外FX業者の中で最も安心感が高いと言われている「TradersTrust」についてご紹介していきます。数分もあれば、TradersTrustの概要について理解を深めることができるので、是非最後までご覧ください。

 

①運営会社

TradersTrustは、2009年にキプロスに設立された海外FX業者です。TradersTrustのヨーロッパ諸国向けのアカウントにおいては、「TTCM Traders Trust Capital Markets Limited (TTCM CY)」によって運営されています。

 

そして、日本・アジア諸国向けのアカウントにおいては、「TTCM CAPITAL MARKETS LTD 」という会社が運営を始めました。現在において、TTCM CAPITAL MARKETS LTDは社名を「TTCM TRADERS CAPITAL LIMITED (TTCM BM)」に改めました。

 

それでは、TradersTrustの運営会社における「金融ライセンスの取得」はどうなっているのでしょうか。

 

②金融ライセンス

TradersTrustのヨーロッパ諸国向けのアカウントの運営会社であるTTCM CYにおいては、「キプロス証券取引委員会(CySEC)」の金融ライセンスを取得しています。キプロス証券取引委員会の金融ライセンスは取得するのが難しく、海外FXの中でもかなり信頼性が高い金融ライセンスです。

 

キプロス証券取引委員会から金融ライセンスを取得した海外FX業者は、「ICF(投資家補償基金)」への加盟が義務づられています。そのため、この基金に加盟している海外FX業者が破綻した場合でも、最大2万ユーロまで信託保全(トレーダーの資産が補償されること)されるのです。

 

そのため、TradersTrustのヨーロッパ諸国向けのアカウントでは、金融ライセンスによる高いセキュリティ性を保つことができます。一方、TradersTrustの日本及びアジア諸国向けアカウントの運営会社であるTTCM CAPITAL MARKETS LTDは、バヌアツで金融ライセンスを取得していました。

 

そして、社名をTTCM TRADERS CAPITAL LIMITEDに変更してからは、バミューダへ法人登録をしています。ただ、法人登録をしたものの、バミューダでは金融ライセンスを取得していないのです。

 

そこで、TradersTrustは「PWC」「デロイトトーマツ」という世界的な監査法人に、四半期ごとに監査を受けています。このように、TradersTrustはトレーダーたちからの信頼を高め続けているのです。

 

③最大レバレッジ

多くのトレーダーが海外FX業者を選ぶ理由としては、「ハイレバレッジトレードが可能」ということなのではないでしょうか?たしかに海外FX業者における最大の魅力はレバレッジの高さで、国内FX業者では実現不可能なハイレバレッジを設定することができます。

 

海外FX業者の1つであるTradersTrustでは、最大レバレッジ「500倍」でのトレードが可能です。国内FX業者の最大レバレッジ25倍と比べると、かなり高いレバレッジであることがよくお分かりいただけるでしょう。

 

ただ、TradersTrustのレバレッジは口座タイプ・銘柄・口座内資金によって制限がかかってくるので注意が必要です。

 

たとえば、TradersTrustには「クラシック口座」「プロ口座」「VIP口座」という3種類の口座タイプがありますが、クラシック口座とプロ口座のみが最大レバレッジ500倍となっています。VIP口座では、最大レバレッジが「200倍」に制限されてしまうのです。

 

また、最大レバレッジが500倍の銘柄は「FX通貨ペア」のみとなっています。そして、各種銘柄ごとの最大レバレッジは以下のとおりとなっています。

 

  • 株価指数CFD:最大レバレッジ50倍
  • 商品CFD:最大レバレッジ100倍(XAGUSDのみ50倍)
  • 仮想通貨CFD:最大レバレッジ5倍

 

さらに、口座残高が500万円以上になると「100倍」、200万円〜500万円だと「200倍」となり、最大レバレッジが500倍なのは口座残高が「200万円未満」の場合です。

 

 

④スプレッド

レバレッジ同様に、海外FX業者を選ぶ上では「スプレッドが狭いかどうか?」ということも、重要な指標となるでしょう。

 

TradersTrustでは、FX通貨ぺア・メタル(貴金属)商品を取引する場合、変動スプレッド制での取引となります。変動スプレッド制ではマーケットの状況に応じて、スプレッドが常に変化しつづけるというのが特徴です。

 

一方、固定スプレッド制を採用しているFX業者ではスプレッドが常に固定されているため、取引にかかるコストをあらかじめ簡単に計算することができるというメリットがあります。ただ、変動スプレッド制には比較的スプレッドが狭い傾向があるため、取引コストを抑えられるというメリットがあります。

 

さらに、TradersTrustの「VIP口座」では、業界屈指レベルの極狭スプレッドでの取引が可能です。海外FX業者の中で最もスプレッドが狭いことで有名な「Tradeview」と比べても、見劣りしないスプレッドが魅力となっています。

 

⑤インジケーターの種類

TradersTrustで利用することができる取引ツールは、「MT4(メタトレーダー4)」のみです。優秀な取引ツールである「cTrader」や、MT4の後継機である「MT5」を利用することができないのは惜しいですが、MT4は十分に優秀だと言える取引ツールです。

 

MT5に比べると、MT4は基本的な性能が優れているわけでもなく、動作も早いわけではありません。しかし、インジケーターの種類が豊富にあり使い勝手も良いため、MT5よりもはるかに多くの海外FX業者で導入されているのです。

 

そのため、TradersTrustではMT4のみしか取引プラットフォームとして利用することができませんが、それほど不便に感じることはないでしょう。

 

それでは、MT4で利用することができるインジケーターの例として、「JPN_Time_Sub.mq4 」「移動平均線(MA)」というインジケーターが挙げられるでしょう。

 

1,JPN_Time_Sub.mq4

 

「JPN_Time_Sub.mq4」とは、一言で表すと「MT4に日本時間を表示するインジケーター」となります。

 

MT4は、デフォルトだと日本時間で表示されないということがネックでした。そのため、チャート横軸に日本時間が表示できるというのは、FXを効率化していく上で大きなメリットとなることでしょう。

 

2,移動平均線(MA)

「移動平均線(Moving Average)」は、この世に出回っているさまざまなインジケーターの基になっているほど、基礎がしっかりしているインジケーターとなっています。

 

移動平均線(MA)とは、シグナル(売買のタイミングを指示するもの)を出すテクニカル指標のひとつです。FXトレードを行なっていく上では、「売買を行う根拠」が重要となってきます。

 

そのため、しっかりとした根拠を持ってトレードを行なっていくためにも、移動平均線は必須のインジケーターだと言えるでしょう。

 

⑥EA(自動売買ツール)

TradersTrustでは、自動売買ツール(EA)に関する制限が一切ありません。そして、取引ツールとしてMT4を採用していることから、豊富な種類の中から好きなEAを利用することができます。

 

自動売買とは、プログラムに売買方法をあらかじめ設定することで、24時間パソコンの前にいなくても、プログラムが自動的にトレードをしてくれるという売買方法のことです。自動売買ツールを利用することによって、海外FX初心者の方でも効果的なトレードを行なっていくことが可能です。

 

さらに、TradersTrustでは最大10口座まで追加口座を開設することができるので、EA自動売買をテストすることにも相性が良いと言えるでしょう。また、TradersTrustは約定力が高く、マイナススリッページが少ない傾向があるので、EAを活用してFXトレードの利益率を高めていくのに最適です。

 

⑦マージンコール

「マージンコール」は、トレーダーがロスカットされないようにするための海外FX業者からの警告です。トレーダーの証拠金維持率が一定の水準を下回ったときなどに、マージンコールは発令されます。

 

多くの海外FX業者では、証拠金維持率が50%を下回ったときにマージンコールを発令するのが一般的だと言えるでしょう。TradersTrustもその例に漏れず、証拠金維持率が50%を下回った時にマージンコールがトレーダーへと発令されます。

 

ただ、証拠金維持率50%以下で発動されるのはクラシック口座とプロ口座のみです。VIP口座においては、証拠金維持率が「80%」を下回った場合に発令されます。このように、口座タイプごとにマージンコールの発動水準が異なるので注意が必要です。

 

TradersTrustをはじめとする海外FX業者からマージンコールをもらったら、証拠金に追加の金額を入金する必要があります。ロスカットは投資家にとって最も避けなければならないものの1つなので、ロスカットが近いことを意味するマージンコールには、しっかりと対応していきましょう。

 

それでは、TradersTrustのロスカットラインはどうなっているでしょうか?

 

⑧ロスカット

TradersTrustにおけるロスカットラインは、マージンコールラインと同様で、口座タイプごとに異なっています。

 

クラシック口座とプロ口座においては、証拠金維持率が「20%」を下回った場合にロスカットが発動します。証拠金維持率20%というのは海外FX業者の中でも比較的低い、一般的なロスカットラインだと言えるでしょう。

 

そして、VIP口座のみ証拠金維持率が「50%」を下回った場合に発動となります。これは、海外FX業者の中でも少々高めのロスカットラインです。

 

ロスカットはトレーダーの損失分が確定されてしまうため、できるだけ発動させるのを避けたいところです。また、「ロスカットされなければ損失分にならなかったのに・・・」というようにケースもあるため、ロスカットラインは低いほうが有効的なトレードができると言えます。

 

そのため、TradersTrustのVIP口座を利用したいと考えている方は、「自分に合ったロスカットラインなのか?」ということを、よく考えてから開設するようにすると良いでしょう。

 

⑨両建て

TradersTrustでは自動売買ソフト・スキャルピングと併せて、「両建て(裁定取引またはアービトラージ)」における制限もかかっていません。そのため、TradersTrustでは1つの通貨ペアにおける買いポジションと売りポジションを同時に保有し、効果的な取引を展開していくことが可能です。

 

また、両建てポジションを所有する際の証拠金の算出方法には「オフセット方式」と「MAX方式」がありますが、TradersTrustでは「MAX方式」を採用しています。MAX方式では、取引量が多いポジションを保有しているときに、必要な証拠金額を優先することが可能です。

 

また、TradersTrustの両建てトレードでは「スワップポイントによる損失が発生したとき」や「相場の価格変動が起きたとき」に両建てが解除となり、必要証拠金が発生することがあります。このような両建てトレードにおける特性をよく理解し、損失を拡大させないように気をつけましょう。

 

⑩ゼロカットシステム

「ゼロカットシステムがあるかどうか?」ということを基準に、海外FX業者を選んでいるという方もいらっしゃるでしょう。結論から言うと、TradersTrustもゼロカットシステムを採用している海外FX業者の1つになります。

 

ゼロカットシステムとは、ユーザーの損失が拡大して口座残高がマイナスになった場合、業者が損失分を負担してトレーダーの口座残高をゼロに戻してくれるシステムのことです。

 

そのため、本来は「追証(追加保証金)」が発生するところでも、トレーダーが借金を背負う必要はありません。そして、ゼロカットシステムによって海外FX業者の大きなメリットであるハイレバレッジトレードを比較的行いやすくなります。ほとんどの海外FX業者がゼロカットシステムを採用しているのは、このためでもあるのでしょう。

 

このように、ゼロカットシステムがあるのとないのではFXトレードにおける安心感に大きな違いがでてくるため、安定した精神を保つ上でも重要なシステムだと言えるのです。

 

⑪取引手数料

取引手数料を抑えられることで、結果的にFXトレードにおける利益率を高めることに繋がります。そのため、取引手数料をできるだけ抑えられる海外FX業者を選ぶことが大切です。

 

TradersTrustでは、口座タイプごとに取引手数料が異なってきます。クラシック口座では、取引ごとの手数料がかかることはありません。ただ、プロ口座とVIP口座においては取引ごとに手数料が発生してしまいます。

 

クラシック口座では1lotあたり片道3ドル(約300円)が、VIP口座では1lotあたり片道1.5ドル(約150円)の取引手数料が発生します。このように、TradersTrustは基本的に取引コストを抑えやすいと言えるでしょう。

 

また、FXではポジション保有時に「スワップポイント」が発生するので、状況に応じてポジションを保有するか決済するかを判断することが重要です。ちなみに、TradersTrustではイスラム教徒のトレーダーのみ、スワップポイントが無効化された「スワップフリー口座」を提供しているようです。

 

⑫入金手段

TradersTrustでは、以下5種類の入金方法を利用することができます。

 

  • クレジットカード
  • bitwallet
  • bitcoin
  • 国内銀行送金
  • 国際銀行送金

 

クレジットカード・bitwallet・bitcoinで入金すると、即時反映させることが可能です。それでは、「出金手段」としてはどのような種類があるでしょうか?

 

⑬出金手段

TradersTrustでは、以下4種類の出金方法を利用することが可能です。

 

  • クレジットカード
  • bitwallet
  • bitcoin
  • 海外銀行送金

 

TradersTrustでは国内銀行送金による入金は可能ですが、出金に関してはできなくなってしまうので気をつけましょう。

 

⑭ボーナス

豪華なボーナスキャンペーンを実施していることが多い海外FX業者でFXトレードを行なっていくのなら、「どのようなボーナスキャンペーンを実施しているのか?」ということにも注意を向ける必要があります。

 

海外FX業者の1つであるTradersTrustは、以下のようなボーナスキャンペーンを実施中です。

 

  • 新規口座開設ボーナスキャンペーン
  • 100%入金ボーナスキャンペーン
  • VIPキャッシュバック報酬
  • トレーディングコンテスト

 

「TradersTrustの新規口座開設ボーナスキャンペーン」では、口座を新たに開設するだけで5,000円の証拠金をもうことができます。入金する必要もないため、新規顧客向けのボーナスキャンペーンだと言えるでしょう。

 

「100%入金ボーナスキャンペーン」では、入金するだけで100%の証拠金をもらうことができます。上限金は1,000万円とかなり高額になっているため、条件を満たせば大きなボーナス額をもらうことが可能です。

 

「VIPキャッシュバック報酬」は全銘柄対象のキャッシュバック制度で、1日あたり5ドル~最大2,000ドルをもらうことができます。他のボーナスキャンペーンは期間限定ですが、VIPキャッシュバック報酬は常時開催となっているのが特徴です。

 

そして、「トレーディングコンテスト」は、トレーダーの取引利益を競い合うコンテストのことです。このコンテストの賞金総額は「100,000ドル」と、かなり高額なものとなっています。もらった賞金は制限なく出金できるのが、大きなメリットと言えるでしょう。

 

ただ、TradersTrustのボーナスキャンペーンにはいくつかの注意点があるので、1つずつ確認していきましょう。

 

ボーナスキャンペーンの併用はできない

TradersTrustでは、ボーナスにおけるルールが厳しいということが特徴の1つだと言われています。

 

まず、TradersTrustではボーナスキャンペーンを併用することができません。すなわち、TradersTrustが実施しているボーナスキャンペーンのうち、1つしか受けることができないということです。

 

また、前回もらったボーナスが残っている場合は、新たな入金ボーナスをもらうことはできないので気をつけましょう。

 

そのため、自分自身に最適なボーナスキャンペーンを選択していく必要があります。

 

もらったボーナスの有効期限は90日

ボーナスを取得してから90日が経つと、ボーナスは消滅してしまいます。ボーナスを有効的に使うためにも、計画的な運用を心がけていきたいところです。

 

資金移動・出金するとボーナスは消滅する

90日の放置と併せて、TradersTrustでは資金移動・出金によってもボーナスが消滅してしまうので注意しましょう。

 

VIP口座はボーナス対象外の場合がある

VIP口座では、新規口座開設ボーナスとトレーディングコンテストのみしか受けることができません。そのため、100%入金ボーナスとVIPキャッシュバックは受けることができないので気をつけましょう。

 

⑮各種手数料

TradersTrustにおける各種手数料は、以下のとおりです。

 

  • 取引手数料:クラシック口座のみ無料(プロ口座:1lot片道3ドル、VIP口座:1lot片道1.5ドル)
  • 口座維持料:無料
  • 入金手数料:無料
  • 出金手数料:無料

 

このように、TradersTrustでは各種手数料を抑えやすい環境が整っていることが分かります。ただ、口座維持料は無料ですが、6ヶ月以上取引がない場合は休眠口座となるため、注意が必要です。

 

また、入出金の手数料においては状況によって、トレーダーが負担しなければならないケースがあるということを覚えておきましょう。

 

⑯取引時間

TradersTrustにおける取引時間は、以下のとおりです。

 

  • 日本夏時間:月曜日06:00~土曜日06:00
  • 日本冬時間:月曜日07:00~土曜日07:00

 

夏時間(サマータイム)と冬時間では、取引時間が1時間ずれているので気をつけましょう。

 

⑰日本語サポート

TradersTrustには日本人スタッフも在籍しているため、Eメール・電話・コールバック・ライブチャットといった充実したサポートを受けられます。

 

日本語による対応時間は、夏時間・冬時間ごとに異なります。

 

  • 日本夏時間:平日13:00~22:00
  • 日本冬時間:平日14:00~23:00

 

⑱評判

TradersTrustにおける良い評判・口コミには、以下のようなことが挙げられます。

 

  • 完全NDD方式のため、透明性が極めて高い
  • ボーナスキャンペーンが充実している
  • ゼロカットシステムがあるため追証がない
  • VIP口座のスプレッドが極狭
  • 日本語サポートが充実している
  • 入出金手段が豊富で手数料を抑えられる
  • 約定力が高い

 

このようなTradersTrustの口コミを見てみると、「完全NDD方式」「ゼロカットシステム」「日本語サポート」「高い約定力」など、海外FX業者で安全にトレードしていくための環境が整っていることが、改めてよくお分かりいただけると思います。

 

一方、TradersTrustにおける批判的な意見には、以下のようなことが挙げられるでしょう。

 

  • VIP口座のレバレッジが200倍と低め
  • VIP口座以外はスプレッドが平均的
  • 信託保全のスキームがない

 

たしかに、TradersTrustは完全NDD方式であるものの、信託保全スキームを採用していないということが、最大のリスクだとも言えるでしょう。それでも、TradersTrustは出金拒否などのトラブルもないため、信頼性においては極めて高い業者だと言えます。

 

⑲まとめ

TradersTrustには取引の透明性の高さの他にも、さまざまなメリットがあることが、よくお分かりいただけたと思います。あなたも完全NDD方式を取り入れたTradersTrustで、安心・安全なFXトレードライフを送ってみてはいかがでしょうか。