ADP雇用統計とは?FXにおけるADP雇用統計の影響

ADP雇用統計とは何か?ADP雇用統計を分かりやすく解説

「ADP雇用統計」というものを、ご存知でしょうか?「よく分からない」という人も、きっと多くいらっしゃると思います。FX(外国為替)に取り組んでいく上では、ADP雇用統計について把握しておくことは非常に重要なことです。

 

ADP雇用統計とは、全米における非農業部門雇用者数の予測をするための統計のことを指します。その非農業部門雇用者数とは、非農業事業所においての雇用者数の増減を分かるようにした指標のことです。非農業部門雇用者数の予想はADP雇用統計で発表されますが、実際の非農業部門雇用者数の発表は、「米国雇用統計(アメリカの雇用情勢を表す統計のこと」にて発表されます。

 

では、非農業部門雇用者数の予想をするためのADP雇用統計はスケジュールとして、いつ発表されるのでしょうか。ADP雇用統計は米国雇用統計が発表される日の、2営業日前に発表されます。そうして発表されるADP雇用統計は、ADP(Automatic data processing)社(アメリカの給与計算代行サービスを行っている大手企業)のデータを利用して、非農業部門雇用者数の予想をしているのです。

 

FXに取り組む上で、こういったアメリカの経済状況を理解しておくということは、非常に重要なことだといえるでしょう。アメリカは世界最大の経済大国であり、その経済状況は世界にも大きな影響を与えるからです。そのため、米国雇用統計は為替市場などのマーケット関係者からの注目度が高いと言われています。そういったアメリカ経済における重要な指標である米国雇用統計を、あらかじめ予想することができるというADP雇用統計は、マーケットにおいて非常に注目度が高いのです。

 

ADP雇用統計はアメリカの経済状況が分かるという米国雇用統計の予想をすることができるもの米国雇用統計はアメリカの経済状況を実際に発表するもの、ADP雇用統計と米国雇用統計の違いを簡単に表すとこのようになるでしょう。

ADP雇用統計のFXにおける影響度・チャートの値動き

ADP雇用統計は経済状況を表しているという米国雇用統計と大きく関係しています。そのため、FXにおけるADP雇用統計の影響の大きさは、言わずとして大きいと言えるでしょう。

 

米国雇用統計では「週労働時間」「平均時給」などさまざまなことが発表されます。米国雇用統計で発表される項目の中において、最も注目すべきものは「非農業部門雇用者数」「労働人口における失業率」でしょう。非農業部門雇用者数と失業率は、アメリカの金融政策を決定するFOMC(連邦公開市場委員会)という会合に、大きな影響を与えると言われているからです。

 

そのため、非農業部門雇用者数を予想することができるADP雇用統計を把握しておけば、外国為替証拠金取引において優位に立ち回ることができるのではないでしょうか。非農業部門雇用者数は自分自身では予想しづらいため、昨今ではADP雇用統計が非常に注目されています。また、米国雇用統計の予想は社会情勢における専門家でも、予測が難しいと言われているのです。

 

そして、予想していた非農業部門雇用者数が予想よりも増減しているという発表結果になると、外国為替市場や株式市場などのマーケットに大きな変動が起きてしまうことがあります。ADP雇用統計は米国雇用統計における予想の精度が高いため、ADP雇用統計は米国雇用統計を予想できる指標として、マーケットの関係者たちに非常に重宝されています。

 

ただ気をつけたいことは、あくまでADP雇用統計は非農業部門雇用者数の予測だということです。ADP雇用統計の予想数値の精度がいくら高いといっても、実際に発表される米国雇用統計の数値とかならず近い数値になるとはかぎりません。

 

なぜなら、ADP雇用統計が扱っているサンプルデータと米国雇用統計が扱っているサンプルデータは異なるからです。あくまで、ADP雇用統計はADP社の顧客データをサンプルデータとして扱っていると上述しました。そのため、ADP雇用統計が発表するデータと米国雇用統計が表するデータに大きな差が出ることも稀にあります。

 

そのため、「ADP雇用統計を把握しておけば、外国為替取引は上手くいく!」というように過信しすぎることは禁物だと言えるでしょう。

 

しかし、こういった予想と実際の発表結果に大きな差が出たときや、予測内容が前月よりも大きく差が出たというときも、マーケットが大きく変動することがあります。そのため、ADP雇用統計をしっかりとチェックしていくことは大切なことだと言えるでしょう。

まとめ

いかがだったでしょうか?ADP雇用統計は、為替市場や株式市場で立ち回っていく上で重要な指標となるということが、よくお分かりいただけたのではないでしょうか。

 

ADPは米国雇用統計のあくまで予測となるものですが、FXに取り組んでいく上でチェックしておくということは重要なことです。また、インターネットを活用すればADPにおける前月比なども確認することができます。興味がある方は、一度確認してみてはいかがでしょう。

おすすめの記事