FBSの最大レバレッジは?レバレッジとロット数の関係性

ここではFBSの最大レバレッジについて解説します。

 

また、「レバレッジとロット数の関係性」というFXをする上で欠かせない知識に関してもお伝えします。

 

FBS全体で見た場合の最大レバレッジは?

FBSにおける最大レバレッジは3,000倍となっています。

 

最大レバレッジが1,000倍くらいの海外FXブローカーはいくつかありますが、3,000倍というのは現在恐らくここだけです。

(ちなみに、少し前までは最大レバレッジが5,000倍の業者もありましたが、今は5,000倍に設定することができなくなっているようです)

 

FBSの口座種類別最大レバレッジ 

FBSには6種類の口座がありますが、口座の種類によっても最大レバレッジが異なります。

 

まず、最大レバレッジが3,000倍なのが「スタンダード口座」「マイクロ口座」「ゼロスプレッド口座」です。「3,000分の1ロットのお金」で「ロット数1」を持つことができます。

 

そして、最大レバレッジが1,000倍なのが「セント口座」です。

 

1,000分の1ロットのお金」で「ロット数1」を持てます。

 

さらにECN口座が最大レバレッジ500倍、「トレード100ボーナス口座」が最大レバレッジ100倍となっています。

 

前者は「500分の1ロットのお金」で「ロット数1」を、後者は「100分の1ロットのお金」で「ロット数1」を持つことができます。

 

この中で最も推奨するのは「スタンダード口座」です。

 

したがって、以降はスタンダード口座の最大レバレッジに関してお伝えしていきます。

 

FBSの口座残高別最大レバレッジ

FBSに限りませんが、口座残高が多くなってくると最大レバレッジが下がります。

 

レバレッジは、「少ない資金で満足できるロット数を持つためのもの」という位置づけになっています。そのため、「資金を多く持っているトレーダー」に関しては最大レバレッジは低くあるべき……という発想になるわけですね。

 

そのため、最大レバレッジが高いままでトレードしたいのであれば、適度に出金をしてください。

 

まず、口座残高が1,500万円を超えてしまうと最大レバレッジは100倍になってしまいます。これだと、ロクなロット数を持つことができないかもしれません(まあ、資金は有り余っているので何とかなるかもしれませんが)。

 

そして、3001,500万円なら200倍、50300万円なら500倍、2050万円なら1,000倍、220万円なら2,000倍となります。

 

FBSの場合、「最大レバレッジ3,000倍」でトレードできるのは、口座残高が2万円以下のときのみですから、「いつも3,000倍じゃないとイヤだ!」という人は特に気を付けましょう。

 

FBSの「ボーナス利用状況」別最大レバレッジ

ボーナスキャンペーンに参加していると、最大レバレッジに規制が入ります。

(他のブローカーだとあまりタイプの規制ですので、はじめてFBSを使う人は注意してください)

 

「入金保証プログラム」や「入金ボーナス」を利用していると、最大レバレッジが500倍に規制されます。

 

つまり、「最大レバレッジが3,000倍のときに比べて、取れるロット数が6分の1に下がる」ということですね。

 

特に入金ボーナスは豪華なので迷うと思います。

 

そして、私は「最大レバレッジの高さ」のほうを重視したかったので、「レバレッジに影響を与えるボーナスキャンペーン」は利用しませんでした。

 

ただ、先ほどもお伝えしたとおり「口座残高50万円以上」の場合は、どちらにせよ最大レバレッジが500倍になるわけです。

 

そういうトレーダーはあまりいないと思いますが、「いつも50万円以上にキープする」という方針なのであれば入金ボーナスを利用するべきでしょうね。

 

ちなみに:CFD銘柄の最大レバレッジは?

FBSCFD銘柄の最大レバレッジは「10333倍」となっています。

 

FBSの場合、「通貨ペアの取引」で「最大レバレッジ1,000倍以上」にするのは難しくないわけですから、あえてCFD銘柄の取引をする必要はないと思います。

 

よく言われる「最大レバレッジが高いほどハイリスク」って本当? 

FXトレードに関して、よく「最大レバレッジが高いほど危険」などと言われていますよね。

 

結論を言ってしまいますとこれ間違いです。

 

正直なところ、FXについてそれなりにガッツリ解説しているブログなどでこれを言っているとウンザリするくらいです……。

 

実は、正反対の「最大レバレッジが高いほど安全」というのが本当です。

 

一例として「ロット数12」を扱いたいとしましょう。

 

このときレバレッジを3,000倍にしていれば、自己資金は「0.004ロット分」で済みます。

 

FBSにはゼロカットシステム(口座残高がマイナスにならない仕組み)があるので、このときの最大損失は「0.004ロット分のお金」となります。

 

しかし、レバレッジを100倍にしてしまえば、自己資金は「0.12ロット分」必要になります。このときの最大損失は「0.12ロット分のお金」となります。

 

つまり、「『同じロット数』を扱うなら、レバレッジが高いほうが『最大損失』が少なくて済む」のです。

 

これ以上の難しい理屈はなく、これだけ覚えていればとりあえず十分なくらいです。

 

多分、「最大レバレッジが高いほうが危険!」と考えている人の多くは、

 

  • たった1万円で3,000万円分のトレードができるなんておかしい
  • 「3,000倍」という数字のインパクトだけで怖いと思っている
  • 「FX失敗談」などで、なんとなく「ハイレバは怖い」という意識が刷り込まれている

 

などの状態にあるのだと思います。

 

2番目の「3,000倍という数字が怖い」という精神的なものを除いて、残り2つについて少し解説しますね。

 

1万円で3,000万円分のトレードができるなんて!

繰り返しになりますが、FBSにおけるこの場合の最大損失はあくまで1万円です。

 

「でも、それで3,000万円分の取引ができるなんておかしい!やっぱり最大損失は3,000万円なのでは?」と感じるかもしれませんが、そんなことはありません。

 

「レバレッジ」には「テコ」という意味があります。

 

テコの原理を使うと、理論上あなた一人の力でも地球を持ち上げることができますが、別に「あなたが出している力そのもの」が大きくなったわけではありませんよね。

 

イメージとしてはそれと一緒です。

 

「イメージはできたけど、そんなに簡単に大きなロット数の取引ができたら、マーケットが成り立たなくなるのでは」と感じるかもしれませんが、これについては、「勝つ人も負ける人もいるので、全体的に見ればバランスが取れているので問題ない」と言えます。

 

この辺りは説明し始めるとキリがないのですが、実際にFXをしてみれば「理屈」よりも「感覚」で理解できるはずです。

 

FX失敗談」から来る刷り込み

例えば、

 

「最大レバレッジ○○倍でトレード!借金200万円…………ハイレバトレードなんてやるんじゃなかった」などの失敗談が怖いわけですよね。

 

しかし既にお分かりだと思いますが、このトレーダーの問題点は「レバレッジを高くしたこと」ではありません。

 

単純に「取引金額が高過ぎたこと(=ロット数が大き過ぎたこと)」が問題なのです。

むしろ、「ちゃんとレバレッジを高くできていた」ならまだマシです。

 

それにこういう失敗談をよく読んでみると、

 

  • 消費者金融に借金してまでFXをした
  • いきなり100万円突っ込んだ
  • ゼロカットシステムがない業者を使った

 

などなど、レバレッジ以外の部分に破滅の原因があることが分かります。

 

ハイレバレッジは悪者ではありません!

 

本当に危ないのは「むやみに大きなロット数でトレードしてしまうこと」なので覚えておきましょう。

おすすめの記事