ECB政策金利発表とは?FXにおけるECB政策金利発表の影響

ECB政策金利発表(欧州中央銀行政策金利発表)とは何か?ECB政策金利発表を分かりやすく解説

今回は、ECB政策金利発表、別名を欧州中央銀行政策金利発表とも言いますが、これについて紹介していきます。なお、記事内では、ECB政策金利発表に統一して表記します。

 

「欧州中央銀行って、いったいどういった銀行なの?」というように思われている方も、きっといらっしゃることでしょう。
欧州中央銀行とは、いわゆる「中央銀行」のひとつです。

 

中央銀行とは、国家や特定の国家における金融政策を行っている銀行のことを言います。また、基本的に中央銀行は1つの国に1つだけしか設立されていませんその国における通貨(紙幣や貨幣}を発行するという役割も持っています。ちなみに、日本の中央銀行は「日本銀行」です。

 

そういった中央銀行のひとつである「欧州中央銀行」は、ECB(European Central Bank)とも呼ばれています。
欧州中央銀行(ECB)の本部は、1998年6月1日、ドイツのフランクフルトに設立されました。

欧州中央銀行の他の中央銀行とは異なる、変わった特徴

欧州中央銀行は中央銀行のひとつですが、この銀行の一風変わった特徴として、ユーロ通貨を導入している19カ国の国々全体に対する統一的な金融政策を担っている中央銀行だということです。上述したとおり、基本的に中央銀行は1つの国に対して1つだけしか設けれられていません。

 

そのため、ユーロ通貨を導入しているユーロ圏の「アイルランド」「オーストリア」「フィンランド」「イタリア」「スペイン」「ドイツ」「フランス」「ベルギー」「ルクセンブルグ」「オランダ」「ポルトガル」「ギリシャ」「スロベニア」「マルタ」「キプロス」「ラトビア」「スロヴェニア」「エストニア」「リトアニア」といった19カ国もの国々全体に対する欧州中央銀行は、かなり特異性を持った中央銀行であることが、よくお分かりになると思います。

 

また、欧州中央銀行はユーロ通貨に関する金融政策の方針を決定・発表しますが、金融政策の実施は行いません。金融政策の実施は「ドイツ連邦銀行」や「フランス銀行等」「各国の中央銀行」が行うということも、特徴として挙げることができるでしょう。

欧州中央銀行の金融政策

では、19カ国もの国々の金融政策を行っている欧州中央銀行(ECB)は、いったいどのような金融政策を行っているのでしょうか?欧州中央銀行による金融政策の現状は、是非とも知っておきたいポイントです。欧州中央銀行が行っている金融政策のひとつとして、「政策金利」を行っているということが挙げられるでしょう。

 

政策金利とは、中央銀行が一般的な民間の銀行に貸し付ける際の金利を指します。基本的には、貸出金利が低くなればお金の流通が盛んになり、金利が高くなればお金の流通は低下していくでしょう。欧州中央銀行は、そういった政策金利を上下させることを中心に金融政策を行っていきます。そうして決定された政策金利は、世の中に発表されていくのです(政策金利発表)

 

さらに政策金利の決定・発表だけでなく、ユーロ圏内・圏外におけるヨーロッパ全体の物価安定を実現するための調整が行われています。こういったことも、欧州中央銀行が行う金融政策の主要となる目的は「物価安定」だからです。

 

欧州中央銀行は物価安定のために「通貨供給の伸び」を重視し、各指標から予想される「インフレ対策」を徹底しています。こういった対策をしているため、欧州中央銀行は物価の安定を維持できているのです。

 

また、こういった欧州中央銀行が設立される1998年6月1日以前は、各国の中央銀行がそれぞれ別々に金融政策を行っていました。しかし、単一通貨のユーロが導入されたことによって、単一通貨のユーロを統括する中央銀行が必要になりました。まさしく、そこで誕生したのが欧州中央銀行(ECB)なのです。そうして誕生した欧州中央銀行は現在においても、欧州単一通貨ユーロを導入しているユーロ圏の中央銀行として金融政策を担っています。

ECB政策金利発表のFXにおける影響度・チャートの値動き

ECB政策金利発表において、FXといった為替市場にはどういった値動きなどの影響力があるのでしょうか?結論から言うと、欧州中央銀行は政策金利といった金融政策を行っているため、FX市場における影響度は非常に高いと言えます。欧州中央銀行はアメリカの中央機関制度の最高意思決定機関であるFRBと同様に、世界的に注目度が高いと言われています。

 

なぜかというと、為替市場においては政策金利の調整が非常に注目されるからです。政策金利に酔って利上げや利下げといった景気の変化によって、為替市場にも影響が出るのです。また、そういった金融政策自体が為替市場に影響を与えるということも、影響力が高い理由として挙げられるでしょう。

 

さらに、ECB政策金利発表における金融政策の変更や関係者のコメントによって、為替市場などのマーケットに影響を及ぼすこともあるのです。また、ユーロ圏における経済の引率役であるドイツの経済指標(経済の状況を数値化したもの)の状況によっても、市場相場が変動することもあります。そのため、ECB政策金利発表のFXにおける影響度は、非常に高いと言えるでしょう。

まとめ

為替市場におけるFXトレーダーとしても、欧州中央銀行から発表される政策金利に関する情報を把握しておくことが大切だと言えます。欧州中央銀行の金融対策について、今いちど確認してみましょう。

おすすめの記事