FXの逆張りとは?【メリット・デメリットや注意点も】

FXを始めた人がまず目にする手法が「順張り」と「逆張り」ですよね。
順張りはトレンドに乗る手法なのでリスクが少なく、初心者にもおすすめな手法です。

 

「じゃあ、逆張りって何?初心者には向かないの?」と思っているあなたのために、この記事では順張りにてついて

 

・逆張りってなに?
・逆張りすべき場面5
・逆張りのメリット・デメリット
・逆張りをする時の注意点

 

について詳しく解説していきます。

 

「逆張りについて詳しく教えて!」という人はぜひ最後までお読みくださいね!

逆張りってなに?

逆張りとは「トレンドの逆にポジションを持つ手法」です。

 

相場がアップトレンドの時に買いポジションを持つ、またはダウントレンドの時に売りポジションを持つ、というのが順張りですが、逆張りは反対に

 

ダウントレンドの時に買いポジションを持つ
アップトレンドの時に売りポジションを持つ

 

という取引方法。

 

「そろそろトレンドが終わって転換するだろう」というポイントを読んで、逆のポジションを持つんですね。

 

損小利大の順張りに比べ、損大利小と言われている逆張り。
読みが当たると大きく稼げますが、読みが外れると大きな損失を被ってしまいます。

 

「初心者には順張りがおすすめ」といわれる理由はここにあるのですね。

逆張りすべき場面5

ここでは、逆張りに向いている場面を5つ紹介します。
「逆張りにも挑戦したいけど、どういう時に使えるの?」という人はぜひ参考にしてください。

レンジ相場

逆張りが最も効果を発揮するのが「レンジ相場」。

 

レンジ相場とは「一定の値幅の間で上がったり下がったり相場の動き」のこと。
チャートの中で真ん中辺りをジグザグに動いている部分がレンジ相場です。

 

レンジ相場の時期は一定の値幅の間を行き来するので、レンジ相場だと分かっていれば

 

レンジの上限辺りで売りポジションを持ち、レンジの下限辺りで決済する
レンジの下限辺りで買いポジションを持ち、レンジの上限辺りで決済する

 

という取引ができます。

 

ただし、レンジ相場の終わりに逆張りをしてしまうと損失を被ることも。
まだレンジ相場が続いている、と把握しての取引が重要になります。

レジサポラインを狙う

レジスタンスラインやサポートライン付近も、逆張りのポイントです。
ラインを正確にとらえることができれば利益を取りやすいので、初心者にもおすすめの方法。

 

何度も反発しているラインでは今回も反発する可能性が高いため、そのラインの手前でポジションを持ちます。

 

ただし、ラインを越えてそのままトレンドが続く場合もあり、その場合は損失を被ってしまうので注意が必要です。

短期的な値動きが大きい時

安定していた相場が突発的に大きく動く場合があります。
世界的に重要な要人の発言があった時や、経済について重要な発表がなされた時に多く見られる現象です。

 

短期的に相場が大きく動いた時は、その後元に戻ろうとする動きが起こるため逆張りのポイントとなります。

 

ただし、初心者は相場の動きを読み間違えることがあるため、逆張りをする場合は慎重に行ってくださいね。


相場が予想した方向に動かなかった時は、速やかに損切りをするようにしましょう。

逆張りのメリット

逆張りのメリットは、何といっても「順張りよりも多くの利益が取れる」こと。
トレンドが発生してからポジションを持つ順張りに比べ、逆張りはトレンドが変わる前にポジションを持つため、その分大きな利益を得ることができます。

 逆張りのデメリット

リスクが高い

逆張りはトレンド転換の前に仕掛ける手法のため、自分が予想した方向に相場が動かない場合に損失を被ってしまいます。
順張りよりもリスクが高いため、初心者のうちは避けた方がいい手法ですね。

 

取引回数が少ない

逆張りをレンジ相場で使う時には取引回数は多くなりますが、大きなトレンド時を狙う時には取引回数が少なくなってしまいます。

 

気持ち的につらくなる

逆張りはトレンドとは反対の方向を狙ってポジションを持つため、予想した方向と反対に相場が動いた場合は速やかに損切りをする必要があります。
また、トレンドが変換するまでの間は含み損を抱えることも多くなります。

 

そのため、利益が出るまでの間の気持ちがつらくなってしまう人も多いです。
「ポジションを持っている間はできるだけドキドキしたくない」「含み損は抱えたくない」という人は逆張りは避けた方がいいでしょう。

逆張りをする時の注意点

値ごろ感での取引はしない

逆張りでポジションを持って失敗する人の多くは「値ごろ感で取引」してしまいます。
値ごろ感とは、「指標などの根拠がないのに、自分の感覚でもうすぐ上がりそう・下がりそうと決めてしまう」こと。

 

根拠がない取引を続けると、負けた原因が分からないままどんどん資金が減っていく羽目になるので注意が必要です。

損切ラインを設定する

逆張りで取引をする時には、必ず損切りラインの設定をしましょう。
ポジションを持ってすぐには利益が出ないことが多いため、エントリーしてからの損切の判断がとても難しいのです。

 

ポジションを持つ時に損切りラインを設定するようにすれば、負けた時でも損失が少なくて済みますよ。

おすすめの記事