XMの出金方法は?手数料・日数についても紹介

本記事ではXMの出金方法・手数料・日数などに関して解説していきます。

「入金方法」も関係してくるので、お気をつけください。

XMの入金方法と出金方法の関係性

XMの入金方法と出金方法については以下のルールがあります。

 

  • 入金方法と出金方法は揃える
  • ただし利益分に関しては銀行送金で出金する
  • 銀行送金で入金した場合は、利益分も含めて銀行送金で出金できる

 

つまり、例えば

 

  • 入金額:100万円
  • 出金額:150万円(100万円+利益分50万円)

 

である場合は、

 

100万円を入金方法と同じ出金方法で、50万円を銀行送金で出金することになります。

 

ただし、入金方法が銀行送金だった場合に限り、全額銀行送金で出金することが可能です。

 

これを踏まえて考えると、XMの出金方法としては銀行送金がベストだと思います。

 

XMの出金方法は?手数料と日数についても解説

 

  1. 銀行送金
  2. クレジットカード
  3. ビットウォレット
  4. スティックペイ
  5. BXONE

 

1.銀行送金

 

手数料:2,000円~5,000円程度
日数:2~5営業日ほど

 

ただし、出金金額が20,000円未満の場合は手数料がさらに多くなるので気を付けてください。そうでなくても2,0005,000円程度はどうしてもかかってしまうので、あまり頻繁に出金しないほうがいいと思います。

 

2.クレジットカード

 

手数料:なし
日数:3~7営業日

 

ただし、VISAカード系の場合はおよそ30日かかるので気を付けてください。

さらに、「楽天VISAカード」なら60日ほどかかってもおかしくありません。

 

また、「クレジットカードで入金→出金処理」までの期間が3カ月以上ある場合は、出金方法としてクレジットカードを選べなくなる可能性があります。

その際は、銀行送金で出金しましょう。

 

3.ビットウォレット

 

手数料:824円
日数:30分~1日程度

 

XMでビットウォレットを使う場合、どれだけ高額の出金をしても手数料は824円で済みます。また、「出金手続き完了→出金完了」までの日数も長くても1日程度です。

 

ですから非常に優秀ではあるのですが、やはり「利益分は銀行送金で出金する」というのがネックです。

 

実はXMも少し前までは、「入金方法がビットウォレットだったのであれば、利益分も含めてビットウォレットで出金できる」というルールでした。

しかし、やはり「マネーロンダリングの防止のためにルールを変更したのです。

 

ユーザーにとっては多少面倒になりましたが、「XMは細かいところまできちんとしている」とプラスに捉えておきましょう。

 

ちなみに、ビットウォレットを使える海外FX業者は非常に多いので、アカウントを持っておくと何かと役立つかもしれません。

 

4.スティックペイ

 

手数料:出金金額の2.5パーセント+600円
日数:1~2営業日ほど

 

当然ですが、スティックペイで入金していた場合に限り、スティックペイで出金することが可能です。

 

そして、1回で50万円までしか出金できないので覚えておきましょう。

 

他のマイナーなオンラインウォレットに比べれば対応しているFX業者も多いです。

 

ただ、ビットウォレットほど普及しているわけではないので、あえてスティックペイのアカウントを作る必要はないと思います。

 

ビットウォレットに比べれば日数もかかりますし、手数料も高くなりやすいですからね。

 

5.BXONE

 

手数料:出金金額の1パーセント(2,000円以上)
日数:1日程度(ただしBXONEから銀行口座への着金で4~7日ほど要する)

 

スティックペイよりもさらにマイナーなオンラインウォレットです。

アカウントを作成する意味はほぼありません。

手数料も高いですし、日数も比較的長いですね。

 

ここまでのまとめ:XMの入金方法・出金方法は銀行送金がベスト

 

色々と解説してきましたが、結局のところXMの入金方法・出金方法は銀行送金がベストです。

 

やはり「利益分も含めて全額出金できる」というのは大きいです。

言い換えれば「利益が出たなら、必ず銀行送金で出金することになる」ので、なんにせよ銀行送金のやり方は覚えておく必要があります。

 

とはいえ難しいことは何もありません。

もし迷っても調べたり、XMに問い合わせたりしながら行えばすぐに理解できるはずです。

XMで出金をする際の注意点

ここまでXMの出金方法・手数料・日数などに関して解説しました。

ここからは、実際に出金をする際に気を付けるべきことをいくつか挙げていきます。

 

  1. ポジションを持っているときの出金について
  2. ボーナスの出金について
  3. 出金時のボーナスの扱いについて
  4. 最低出金額がある
  5. 「出金完了」のタイミングについて

 

1.ポジションを持っているときの出金について

 

「未決済のポジションが一つでもある場合は出金できない」というルールを設けている海外FX業者もありますが、XMに関してはポジションを持っていても出金することが可能です。

 

しかし、「出金することで証拠金維持率が150パーセント未満になる場合」は出金できません。

 

ただ、XMに限らず海外FXでトレードする場合は証拠金維持率を、少なくとも5001,000パーセントくらいにキープすべきです。

ですから、「150パーセントギリギリまで出金しよう!」などと考えるのはおすすめしません。

 

もちろん「ポジションがあるときは出金しない」などのマイルールを作っておくのもいいでしょう。

 

2.ボーナスの出金について

 

ボーナスそのもの出金:不可
ボーナスで発生させた利益の出金:可能

 

というルールがあります。

 

もちろん、「ボーナスによる利益」を出金する場合でも、手数料・日数が変わることはありません。

 

3.出金時のボーナスの扱いについて

 

例えば、

 

「口座残高が5万円、そのうちボーナスが1万円」だったとします。

ここで1万円を出金すると仮定します。

 

1万円は5万円の2割ですよね。

そのため、ボーナス1万円のうちの2割が消滅し、ボーナスの残り金額は8,000円になってしまいます。

 

というルールがあるので、ボーナスを最大限活用したいのであれば、ボーナスを使い切るまで出金しないようにしましょう。

 

とはいえ、こだわり過ぎると身動きが取れなくなる場合もあるので、臨機応変に対応することも必要です。

 

4.最低出金額がある

 

クレジットカード、オンラインウォレット:500円
銀行送金:1万円

 

というのが最低出金額です。

ただし、「出金額が低いほど、手数料の比率が高くなる」場合もあるので気を付けましょう。

 

特に銀行送金に関しては、2万円未満で出金すると余計な手数料が発生してしまうことになります。

 

5.「出金完了」のタイミングについて

XMの口座の残高」は出金手続きが済むとすぐに下がります。

ただ、この時点では出金は完了していません。

 

本当に出金が完了すると、「出金処理完了のメール」がXMから送られてくるはずです。

 

目安の日数を過ぎてもこのメールが来ないのであれば、ご自身の出金方法などを見直してみましょう。

 

それでも解決してないのであれば、XMに相談してみましょう。

 

XMは過去に出金拒否を発生させたことは一回もないので、ユーザー側に落ち度がない限りは必ず出金できるはずです。 

 

まとめ

XMの出金方法・手数料・日数についてでした。

 

色々な方法があるわけですが、結局のところ一番シンプルな「銀行送金で入金→銀行送金で全額出金」がおすすめです。

 

実際、XMユーザーの78割はこの方法を選んでいます。

 

手数料を抑えるためにも、必ず2万円以上で出金してくださいね。

 

特に初心者のみなさんは「初めての成果を早く出金したい!」と感じるかもしれませんが、そこはグッと我慢しましょう。

おすすめの記事