FBSの会社概要と金融ライセンスについて

ここでは、海外FXブローカーのFBSが持っている金融ライセンスと会社概要について解説していきます。

 

特に海外FXをはじめて利用する場合は、この辺りの細かいこともきちんと知っておきたいのではないかと思います。

 

ぜひ最後までご覧ください。

 

FBSの日本人用口座の金融ライセンスに関して 

FBSの日本人用口座に関しては、FBSの子会社が個別に対応します。

 

この子会社は「セントビンセントおよびグレナディーン諸島での法人登録」をしています。

 

言ってみれば「単に登録しているだけ」ですから、これだけ見れば信頼性にはかなりの難があると言わざるを得ません。

 

しかし、だからといって私はFBSを疑いません。

 

なぜなら、すでに「大手」のブローカーだと言えるからです。

(会社概要を見ても大手であることは明らかです)

 

ブローカー側の不正行為の代表格と言えば「出金拒否」だと思います。

 

大規模な出金拒否をしてみたとして、利益はどれくらいになるのでしょうか。

 

それは分かりませんが集団訴訟をされるでしょうし、今後二度とブローカー事業をすることはできないはずです。

 

また、出金拒否レベルの不正でないとしても、FBS側に露骨に悪意や落ち度がある不正が発生した場合は、それだけでも信頼がガタ落ちすることでしょう。

 

そんなことをしなくても、FBSレベルで会員数が多ければ誠実に運営しているだけでしっかり利益を出すことができます。

 

FX業界全体に何らかの大きな動きがない限りは、FBSがブローカーをやめるとも考えられません。

 

つまり、FBSからすると「不正行為なんて割に合わない」のですね。

 

FBSの本社の金融ライセンスに関して

また、FBSの本社はベリーズとキプロスの金融ライセンスを持っています。

 

金融ライセンスの取得難易度にはかなりの開きがありまして、「登録料さえ支払えばほぼ取れる」ような金融ライセンスもあれば、「非常に厳しい審査をパスしないと取れないし、定期チェックも入る」ような金融ライセンスも存在します。

 

ベリーズとキプロスの金融ライセンスはかなり上級のものですから、本社についてはとても信頼性が高いと言えます。

 

その子会社なのですから、「FBSの日本人対応会社」の信頼性も高いと言っていいのではないでしょうか。

 

本社と子会社でそれほど質に差があるとは考えにくいですよね。

 

日本人用口座だけ金融ライセンスが違うのはなぜ?

簡単に言うと、

 

日本人トレーダーが海外FXに流れている→日本政府が国外の金融監査団に圧力をかけている→日本人向けサービスをしている海外FX業者が金融ライセンスを持ちにくくなっている

 

のだと言われています。

(まあ、実際には日本人FX投資家の海外への流出は止められていないと言われていますが……)

 

あくまで噂レベルの話ですが、こう考えるとつじつまが合います。

 

実際、多くの海外FXブローカーが日本人用口座を管理する会社だけ別に作っていますしね。

 

 

そこで私たちが考えるのが「そこまでしなくても日本人対応は諦めればいいじゃん……コストもかかるし」ということだと思います。

 

確かに、子会社まで作るとなるとそれなりの費用がかかるでしょう。

 

実際、日本政府の動き(噂ですが)によって、日本人向けサービスから撤退した海外FXブローカーも存在します。

 

しかし、実は「FXトレーダーの全人口」の中の半数以上が日本人だと言われています。

 

ですから、子会社のためのコストがかかったとしても、長い目で見れば日本人投資家をしっかり捕まえたほうがいいのです。

 

Q:会社概要を見るにFBSは日本の金融ライセンスを持っていないようだけれど……?

日本の金融ライセンス。

 

つまりは、「日本の金融庁からの金融事業営業許可」のことだと思います。

 

FBSに限らずほぼ全ての海外FXブローカーは、日本の金融庁からの営業認可を受けていません。

 

でもそれが当然です。

 

だって、FBSは日本の企業ではないのですから。

 

日本の金融庁の主張は恐らく「日本の法律を守っていない海外FXブローカーのくせに、日本人をターゲットにしたサービスをするんじゃないよ!」という事だと思います。

 

そして、FBSを含む多くの海外FXブローカーが、日本の金融庁による「『日本人の皆さん、これらの海外FXブローカーで取引するのはやめましょうね!』リスト」に載ってしまっています。

 

でも、そのロジックがまかりとおるなら、「日本人観光客が来るので、それに対応するべく日本人の店員を雇っている海外の会社」の何割かはアウトになってしまいますよね。

 

だって、海外の会社が日本の法律を守る理由がありませんし。自分の国の法律を守ればいいわけです。

 

あと、日本の金融庁が考える「日本人をターゲットにしたサービス」の定義がかなり強引で、「日本語対応ページのある海外FXブローカー」であればその時点で対象になってしまいます。

 

そのため海外FXブローカーのなかには、わざわざ「日本人向けのサービスはしておりません」と明記しているところもあるのですが、あまり功を奏してはいないようです。

 

長々お話しましたが……

長々お話しましたが、日本の金融庁のスタンスがどうであろうが、トレーダー側はFBSで取引をしても全く問題ありません。

(ちなみに完全に何らかの違反をしているブローカーでトレードしたとしても、利用者側が罰せられることは基本的にありません)

 

ですから、皆さんが気にすることは何もありません。

 

FBSは最大レバレッジ3,000倍で、本社の金融ライセンス取得状況もバッチリ。

 

トレードするに値するブローカーであると自信を持っておすすめできます。

 

FBSの会社概要を簡単にご紹介

ここまでは、FBSの金融ライセンス取得状況やそれに関わる諸々の事情について解説しました。

 

ここからは、FBSの会社概要を色々と紹介していきます。

 

ただし、国内企業とは違って「会社概要」というページがそのまま存在するわけではありません。ですから、FBSの公式サイト内を確認してだいたい情報をまとめてみました。

 

利用者数1500万名オーバー

会社概要を見てもそのうち何人がアクティブユーザーなのかは分かりませんが、十分多いことは確かです。

 

国際的な賞を10個持っている

会社概要を見ても賞ごとのグレードはよく分かりませんでしたが、持っていないよりは持っているほうが信頼できるかと思います。

 

FBSの利用者の8割が継続利用を望んでいる

→現在、大手の海外FXブローカーがかなり多くなっています。その中で8割のユーザーを満足させているのであれば非常に優秀であると言えるでしょう。

 

1日あたり7,000口座を超える新規登録がある

→これも多いのか少ないのかは分かりません。ただ、FBSは基本的に「新規口座開設ボーナス」はないですので、そんな中でこれだけユーザーを増やしているというのはなかなかスゴイことなのではないでしょうか。

 

まとめ

FBSの金融ライセンス事情と会社概要について解説しました。

 

「まあ、色々ややこしいみたいだけれど、FBSが信頼できることは分かった」と感じていただけていれば幸いです。

 

私自身「色々ややこしいな!」と思ってはいますが、FBSを信頼していますので。

 

それに海外FXブローカーもたくさんありますし、ちょっとFBSを使ってみて、気に入らなければ他の業者に切り替えればいいのだと思います。

 

FBSには「最大レバレッジが3,000倍」などをはじめとする様々なメリットがありますから、一度利用してみてはいかがでしょうか。

おすすめの記事