FXの順張りと逆張りは結局どっちが良いのか?

FXにおけるトレードでは、順張りという方法と逆張りという方法があります。この2つの方法は、2つで1つのペアのようになっているので、トレードにおいてポジションを取ったときは、必ずどちらかの方法に分類されます。ここでは、順張りと逆張りとは何か、そしてその両方のメリットを比較して結局どちらが良いのか紹介していきたいと思います。

順張りとは?

順張りというのは、相場のトレンドの大まかな流れに沿って利益幅を広げていく方法になります。トレンドが発生してすぐの場合に、うまくのそのトレンドを見極められることができれば、大きな利益になることは間違いないです。相場のトレンドを読むのが苦手という方であっても相場のトレンドの大きな流れに乗れば安定して利益を上げることができます。特にまだ、FXを始めて間もないかたは、順張りの方法を使うことをお勧めします。無理に流れに逆らって大きな損失を出すよりも大まかな流れに沿ってコツコツ稼ぐのが良いからです。

逆張りとは?

一方の逆張りというのは、相場のトレンドの大まかな流れの反対のポジションをとって利益幅を広げるという方法になります。逆張りは、相場が大きく動きそうなときや、レンジ相場などで使うとメリットがあります。順張りに比べて難易度は高くなります。

順張りのメリットと注意点

順張りと逆張りというのは、どういったものなのかを紹介したのでここでは、順張りのメリットと注意点を紹介していきたいと思います。

順張りのメリット

確実に稼げる

順張りで、スキャルピングを行うと確実に利益を上げることができます。スキャルピングというのは、短時間の間に何回も取引を繰り返して小さな利益を確実に上げていく手法になります。FXのトレンドは、上昇または、下降のトレンドが発生したときそれが一定期間続けくと言われています。つまりこれに沿ってスキャルピングを行なっていけば、細かい利益ですが確実に稼ぐことができます。

長期投資

順張りは、非常に長期投資に向いています。相場が上昇しているときに使うため、長く保持することでプラスの方に値が上がっていくからです。要するに、利益が上がり出したときに、売らずにそのポジションを持っておくといずれは、大きな利益にすることができるということです。

長期投資においては、順張りが非常に向いています。理由は、先ほど説明した通りです。ですが、短期投資であったとしても、時間の制限が短い中での順張りをする方法もあります。例えば、朝起きたときから上昇し始めたトレンドを1日が終わる夜のあいだまで保持しておいて、夜になってから決済するという方法です。これが順張りという手法になります。何度も言いますが、順張りの良さというのは、長期投資において非常に如実に現れます。上昇しているトレンドを長い間保持し続けるほど利益が上がるからです。なので、より投資に近いです。

トレンド転換後

トレンドが転換してからすぐも順張りのエントリーポイントには最も適したタイミングになります。なぜかとういと、新しく相場が動いた後というのは、その後に上昇トレンドになる可能性が大いに高くなるからです。ですから、順張りにはこのタイミングでのエントリーが向いています。上昇傾向である場合は、支持線をわったときのポイントで、下降傾向ある場合においては、上の抵抗線を超えたときのポイントを狙うと良いです。ブレイクアウトの時と同じように、焦らずに2回目伸びたときに入ると新しい上昇トレンドとしては、より確実になります。

順張りの注意点

上位トレンドを見る

上位のトレンドを確認しておくことで、より正確な順張りが行えます。取引において、相場の長期的なトレンドや支持線と抵抗線を確認するためにも相場の上位足のチャートを確認しておくことが必要になります。理想的なのは、上位のトレンドとタイミングが揃ったときの順張りです。その順張りの方向に支持線と抵抗線がない場合は、長期的に利益が上がる要因となります。FXでの順張りでの注意すべき点は、支持線と抵抗線をしっかり見ておくことです。この支持線と抵抗線が壁になる場合が多いので、そこにぶつかりそうなときに決済するのが定石になります。

メンタル

何をする上でもメンタルは欠かせませんが、FXにおいても、非常に重要な要素のうちのひとつになります。投資において、メンタルに多大な負担がかかってしまうような投資判断をする場合に、明らかな判断ミスをする場合が非常に多くなりやすいです。しかし順張りでは、大きなトレンドを見てそれに合わせた投資をしていきます。そして、損失を出すリスが非常に低いことからメンタルへの負担は、非常に少ないと言えるでしょう。相場が予想していた方向とは逆に動いたとしても、大きなトレンドに従って取引を行っているため大きなトレンドには逆らっていないという安心感があります。なので、メンタルでは、安定した取引ができると言えます。

逆張りのメリット

レンジ相場

レンジ相場において、支持線と抵抗線を目安とした逆張りは、FXをはじめたての初心者の方たちが必ずマスターしておきたい、エントリーポイントのうちのひとつになります。なぜかとういと、値段の幅が固定した額で動いてるレンジ相場においては、その相場から簡単に天井と底の部分の予測が可能になるからです。ですので、大きな相場の動きがない場合でもチャンスにすることができます。下の支持線では、買いの注文。上の抵抗線では、売り注文でそのときのレンジ相場が終わる時までエントリーすることができます。

短期的な値動き

短期的に値段が上昇または、下降した相場の場合には、逆張りのチャンスになります。なぜかというと、通常時の相場よりも値動きが大きな変化をした場合の後は、平均線など元あったときの値段に相場が戻ろうとする動きがあるからです。突然、値が上昇か下降した場合には、しばらくどちらか一方にその値動きがしばらく続くため、なぜその値動きが起こったのか原因をしっかりと見極めてから逆張りを行わなくてはなりません。値動きの読みが間違っていた場合にでもエントリーポイントだと勘違いしてエントリーしてしまう失敗が初心者の時には特に多いのでエントリーするとき注意してエントリーしましょう。

逆張りの注意点

難易度が高い

逆張りは、大きなトレンドとは、逆を行く取引方法になります。なのでもちろん損失のリスクも上がりますので、心理的な負担も高くなります。相場の動きが予想していた場合と逆に動いてしまった場合、損失が大きくなってしまう可能性もあり非常に難易度が高いです。

リスクが高い

先ほども説明した通り、逆張りでは、大きなトレンドに逆らって取引を行うため、損失をするリスクが非常に高く、損失を出してしまった場合もその損失が膨れ上がってしまう可能性が大きくなりがちです。逆張りでは、相場が反転するのを狙って取引をしますが、その反転のタイミングがわかりづらいのも損失のリスクが高くなる原因のひとつになります。

損切りラインの設定

逆張りのポジションをとっている時には、必ず損切りのタイミングを決めておきましょう。なぜかというと、エントリーをした時にはすぐに利益は上がらないので損切りのタイミングが非常に難しいです。損切りのタイミングを決めておくと損失が出た時にそれをあらかじめ抑えることができるようになるからです。特に初心者の方は、必ず損切りのタイミングを決めておきましょう。

まとめ

ここまで順張りと逆張りのメリットデメリットの説明をしてきましたが如何でしたでしょうか。結局は、どちらもできるようになっておき、確実なタイミングで適切な手法が使えるようになっておくと、当たり前ではありますが、良いと思います。

おすすめの記事