取引にはどっちがいいの?NDD方式とDD方式の違い

私たちがFX取引で注文してから、どのように売買が流れていくかご存知でしょうか?

 

これについては、一般的に海外FXと国内FXでは違う方式が採用されています。海外FXの多くがNDD方式を、一方で国内FXの多くがDD方式を導入しているのです。

 

「ちゃんと取引できれば別にどっちでもいいよ」

 

と思われるかもいるかもしれません。ところが、どちらを採用しているかで、実は私たちの取引にも大きく影響してくることがあるのです。

 

そこで今回は、DD方式とNDD方式の特徴と、それぞれの方式がどのような取引スタイルに適しているかをご紹介します。

DD方式とは

DD方式は、Dealing  Desk(ディーリング・デスク)の略。トレーダーの注文を受ける際に、FX業者のディーラーを通して、インターバンクに注文が出されます。

 

つまり、「トレーダー ⇨ FX業者」「FX業者 ⇨ インターバンク」と、注文が2段階で行われていることになります。

 

ここで注意しなければならないのが、トレーダーが出した注文は、必ずしもインターバンクに通されているとは限らないということ。ディーラーの裁量で、FX業者の有利になる注文は通され、不利になる注文は通さないということもあり得るのです。

 

なぜこのような操作がなされているのでしょうか?

 

それは、トレーダーとFX業者とは利益相反関係にあり、トレーダーが儲かると業者が損をし、トレーダーが損をすると業者が儲かことになっているからなのです。 

 

DD方式のメリット

DD方式を採用するFX業者の多くは、とても狭いスプレッドを設定しています。

 

ここが、トレーダーにとってDD方式の最大のメリットと言えます。

 

「でも、こっちが損したら業者は儲かるんでしょ?スプレッド狭くしたらトレーダーの得になるじゃん。」

 

と思われるかもしれません。しかし裏返すと、FX業者は裁量によって注文を操作を行なって利益を得ているから、別にスプレッドを広くする必要はないのです。

 

というわけで、業者の多くがDD方式を採用する国内FXは、世界でも極端なほど狭いスプレッドが設定されているのです。

 

DD方式のデメリット

トレーダーにとって、「自分が出した注文がどのように操作されているか分からない」という不透明性がDD方式のデメリットです。

 

例えば、業者はその場でトレーダーの注文を相殺したり、小口注文なら一定の量が貯まるまでカバーしなかったりという操作を行うことが可能です。さらには、業者の裁量によってストップ狩り、スリッページ、約定拒否(リクオート)、レート変更などが行われてしまう可能性も否めないのです。

 

「トレーダーが損をすることで業者が利益を得る」という構図である限り、私たちの注文がどのように扱われているかわからないのは、不安ですね。

 

NDD方式の特徴

NDD方式は、No  Dealing  Deskの略で、ディーラーデスクを置かないインターバンク直結の取引方式です。海外FX業者のほとんどがこの方式で、トレーダーの注文をダイレクトにカバー先に流しています。業者はポジションを持たずに、ただ仲介するだけなので、リスクを負うことがありません。

 

海外FXでは、国内FXと違って、トレーダーが儲かれば業者が儲かるという関係にあります。したがって、業者はトレーダーの注文を操作する必要がないため、このように直接注文を流しているのです。

 

NDD方式のメリット

NDD方式では、透明性が高くフェアな取引が可能であることがメリットです。

 

NDD方式では、トレーダーが利益を出してより多くの取引を行うことで、業者も利益を得ます。そのため、トレーダーはスキャルピングや自動売買なども問題なく行うことができます。

 

DD方式のように、業者の裁量によるスリッページや売買拒否なども起こりません。

 

そして、業者はトレーダーとWinWinの関係を築くため、豪華なボーナスや様々な特典を設けています。これもトレーダーには嬉しい点ですね。

 

最近では、プロのトレーダーのほとんどが海外FXを利用していると言われます。これも、NDD方式が広く採用されている海外FXへの信頼感と取引の快適性が評価されていることの表れと言えるでしょう。

 

NDD方式のデメリット

NDD方式のデメリットとしては、スプレッドが広いことが挙げられます。これは、NDD方式を採用する業者にとっては、DD方式のようにトレーダーの注文を操作することがないため、スプレッドが主な収入源となっているからです。業者は、トレーダーにより多くの取引をしてもらい、より多くのスプレッドを獲得し利益を得たい。そのためにも、トレーダーには多く勝ってほしい。

 

というわけで、「トレーダーが儲けたら、業者も儲かる」ということが言えるのです。

 

また、NDD方式では、変動スプレッドが採用されていることが多いです。

 

NDD方式には2種類ある

NDD方式は、細かい執行方法の違いから、さらに2種類の方式に分かれます。これらの違いも見てみましょう。

 

STP方式

トレーダーの注文が、FX業者を通してインターバンクに流される方式です。原則的に、約定スピードは速く、約定拒否はありません。ただし、スプレッドは広めとなります。

 

海外FXで、スタンダード口座と呼ばれているものは、主にSTP方式です。

 

ECN方式

ECN方式は、STP方式を完全自動化した電子商取引です。トレーダーの注文はインターバンクに直接流され、そこで売買注文のマッチングが行われます。この点で、透明性はSTPよりも高いと言えます。

 

通常、スプレッドは狭めに設定されています。その代わり、取引ごとに取引手数料が発生します。

 

原則的に、約定拒否は発生しません。

 

海外FXで、ゼロ口座とかプレミアム口座、ILC口座と呼ばれていて、スプレッドをほぼゼロに設定しているような口座は、主にECN方式です。

 

NDD方式を採用する国内業者もチラホラと

国内FX業者にも、NDD方式を採用し始めている所がいくつか見られます。しかし、まだまだ採用率はかなり低いのが現状です。

 

まとめ

 

DD方式NDD方式
スプレッドかなり狭い広い
透明性×
その他ほとんどの国内FX業者ほとんどの海外FX業者

 

上の表に、DD方式とNDD方式の特徴を簡単にまとめてみました。スプレッドの安いDD方式、透明性が高く安心のNDD方式とでも言えるでしょうか。

 

どちらの方式が使いやすいかは、あなたの取引スタイルによっても変わってくるでしょう。例えば、スキャルピングをメインに行う場合は、約定スピードの速いNDD方式のが適しているでしょう。デイトレードだと、1日の取引頻度によって、優先すべきものがスプレッドなのか、約定スピードなのかが異なってきます。

 

また、取引する時間帯によっても、どちらの方式が適しているかが異なることもあります。例えば、東京時間ではNDD方式の変動スプレッドは比較的広くなります。一方で、ニューヨーク時間は流動性が高くスプレッドが狭くなります。

 

このような特徴を加味しながら、ご自分の取引スタイルにあった方式を選んでみてください。

おすすめの記事