FXのシステムトレードを賢く選ぼう

システムトレード(自動売買)とは、あなたに代わって売買プログラムが24時間ずっと自動的に取引を行ってくれる手法のこと。プログラムがチャンスを逃さずに売買してくれるので、ずっとチャートの前に張り付いている必要がなく、忙しいあなたの強い味方になってくれます。

 

今回は、そんなシステムトレードの特徴と、かしこい選び方を見てみましょう。

 

システムトレードとは?

システムトレードとは、人の手を介さずにプログラムを用いて、決められたルールにしたがって自動的に行う取引のこと。システムが取引をしてくれるので、余計な感情を挟まずにルールどおりに売買してくれます。

 

一方で、裁量取引では、自分の判断で売買を行います。損切りしなければいけない場面でも「もう少ししたら戻ってくるかも」と躊躇してしまい、かえって大きな損失を出してしまった経験のある人も多いのではないでしょうか。

 

そんな悩みをお持ちの方も、システムトレードを試してみるのもいいでしょう。客観的に自分のやり方を見直すいい機会になるかも知れません。

 

システムトレードの種類

リピート型

一定のルールどおりに注文を繰り返していく注文方式です。

 

例えば、「50銭ごとに買いを入れて、50銭上昇したら売り」というふうに注文します。こまめに注文と決済を繰り返して利益を狙ってくれるので、レンジ相場に強いという特徴があります。

 

選択型

システムを提供するFX会社などが用意したストラテジーを選び、そのアルゴリズムにしたがって自動的に売買を行います。

 

FX会社によっては、有名トレーダーが作成したストラテジーを使用することもできます。つまり、これを選ぶと初心者でもプロと同じレベルの取引が可能になるのです。

 

システムトレードのメリット

拘束時間が短い

システムトレードは、システムが24時間取引を行ってくれるため、チャートの前に張り付いている時間が少なくできる分、余裕を持って取引することができます。

 

また、削減できるのは時間だけではありません。裁量取引の場合は、ポジションを保有している間は精神的にも負担がかかってしまうもの。

 

そのようなメンタル的に余裕を持って取引できるのも、システムトレードのメリットです。

 

ルールどおりに取引してくれる

システムが自動的に売買してくれるので、余計な感情を挟まずにあらかじめ決められたルールどおりの取引ができます。

 

裁量取引だと、自分の感情を制して機械的に取引することが難しく、それが原因で損失を出してしまう初心者は少なくありません。

 

この点で、システムトレードは、そんな人たちも継続的に利益を狙える手法なのです。

 

有名トレーダーと同じ取引ができる 

システムトレードでは、有名トレーダーが開発した自動売買アルゴリズムを選んで取引することも可能です。つまり、システムが自動的にその有名トレーダーと同じように売買してくれるのです。

 

FXで継続的に勝てるようになるには膨大な時間が必要ともいわれます。しかしシステムトレードは、そんな長い時間を埋めてくれる、初心者にとってとても心強い存在なのです。

 

システムトレードのデメリット

手数料が高め

たいていのシステムトレードでは、スプレッドのほかに売買手数料もかかります。したがって、その分だけ裁量取引よりもコストが高くなることになります。自分の代わりに24時間ずっと取引してくれるのですから、当然と言えば当然でしょう。

 

ただし、FX会社によってはシステムトレードの売買手数料が無料に設定されているところもあります。FX会社を選ぶ際の基準として、そこに注目してみてもいいでしょう。

 

相場の見極めは必要

システムが24時間自動的に売買してくれるシステムトレードですが、全てをほったらかしにしていていいわけではありません。相場の変化によって設定を変えたり、自動売買を止めたりといった作業は必要になってきます。

 

例えば、リピート型注文方式は、レンジ相場では強さを発揮しますが、逆にトレンド相場では弱いという点もあります。

 

したがって、システムトレードを利用する場合も、相場環境や資金状況などはこまめに確認するようにしましょう。

 

プログラムによって実績が異なる

システムトレードは、いろいろなFX会社によって数多く提供されています。しかし、どのシステムトレードでも同じように利益を出せるわけではありません。その時の相場環境や利用者の資金状況によっても、どのシステムトレードが適しているかは異なります。また、中には詐欺のような悪質なシステムトレードが販売されることもあります。

 

したがって、そのようなリスクを減らすためにも、大手のFX会社が提供するものや、長い期間実績を残しているようなものを選ぶようにしましょう。

 

システムトレード対応のFX会社を選ぼう

 

FX会社 タイプ 対象者 売買

手数料

取引単位 通貨ペア数 キャッシュバック(最大)
インヴァスト証券 選択型 初心者 有料 1000通貨 17 120000円
セントラル短資FX 選択型 初心者 0円 1000通貨 22 25000円
外為オンライン リピート型 中上級者 有料 1000通貨 24 5000円

 

システムトレードに対応している主なFX会社を比較してみました。ほかにも数多くのFX会社がシステムトレードを取り扱っているので、上のような項目を基準にして自分にあったシステムトレードを選んでみてください。

 

また、このほかに注目すべき基準として、システムトレード用のスマホアプリがあるかどうかということもポイントです。

 

さらに、初心者がシステムトレードを始める際には、少額から始められるかという点も重要です。システムトレードにあまり詳しくないままいきなり大きな資金で始めてしまうと、損失を被ってしまうこともあるからです。これは、裁量取引を始める際にも同じことが言えます。始めたばかりの時に大きな損失を出すと、それがトラウマになって取引が怖くなり、FXから離れてしまうということもあります。ですから、最初のうちは少額から始めて、慣れてきたら徐々に資金を増やしていくのがいいでしょう。

 

今回はシステムトレードの特徴や選び方について見てきました。システムトレードは、システムが24時間おまかせで自動的に取引してくれるので、とても便利です。しかしその反面、いろいろな種類やリスクもあるため、何も知らないまま適当に始めると失敗してしまう可能性もかなりあります。したがって、ここで書いたポイントや基準を抑えて、自分にあったシステムトレードを探してみてください。

 

また、ぐれぐれも取引には余剰資金で運用するようにしてくださいね。

おすすめの記事