GEMFOREXのゼロカットシステムの注意点を解説

ここでは、GEMFOREXのゼロカットシステムについて紹介します。

 

ゼロカットシステムは海外FXの大きな魅力の一つですが、やり方を間違えると対象外になる可能性があるので気を付けましょう。

 

GEMFOREXのゼロカットシステムとは?

FXにおいて「口座残高が負の数字になった際に、口座残高を0まで戻してくれるサービス」のことをゼロカットシステムと言います。ちなみに、マイナス分を負担する役目はFX業者が負います。

 

微妙に難しい表現になったかもしれませんが、要するに「ゼロカットシステムがあれば、口座がマイナスにならない」ということですね。

 

FX業者ごとにゼロカットシステムにおける「補填のされ方」などは多少違いますが、GEMFOREXと他のブローカーとで目立った差があるわけではありません。

(大手の海外FX業者にはまず間違いなくゼロカットシステムがあります)

 

ちなみに、国内FXブローカーでゼロカットシステムがあるところは存在しません。

 

そのため、口座残高がマイナスになることが普通にあり得ます。

 

相場が大暴落すれば、数十万~数百万円のマイナスになってもおかしくありません。

 

この「ゼロカットシステムの有無」だけで考えても、海外FXのほうが国内FXよりも圧倒的に勝っていると思います。

 

GEMFOREXのゼロカットシステムをどう捉えるべきか?

SNSなどを探すと「GEMFOREXのゼロカットシステムに救われた」という投稿がちらほら見つかります。

 

そしてこれらの口コミを見ると「ゼロカットシステムに対する意識」は以下の2つに分かれるような気がします。

 

  1. ギャンブルをするための道具
  2. 万が一の備え

 

それぞれについてもう少し詳しく見ていきましょう。

 

1.ギャンブルをするための道具

「どうせゼロカットシステムがあるのだから、少額で無茶なトレードをどんどんする」という考え方です。

 

GEMFOREXのレバレッジは1,000倍ですから、少額資金でも相場が大きく動けばそれなりに稼ぐことができますし、破綻した考え方ではありません。

 

とはいえ、行き当たりばったりで取引していても、結局は「塵も積もれば山となる」のマイナスバージョンになってしまいます。

 

ですから、私としてはこのスタイルはおすすめしません。

 

もし実践するのであれば、きちんと戦略を練ってから行ってください。

 

また、いわゆる「窓開け時」や「雇用統計発表時」など、相場が大きく動くとき『だけ』を狙ってトレードしていると何らかのペナルティ(口座凍結、出金拒否など)が課せられる可能性があります。

 

ただし、「GEMFOREXで日常的にトレードしている人」であれば、このような特別なタイミングで取引をしてもなんのお咎めもありません。

 

2.万が一の備え

繰り返しになりますが、口座資金がマイナスになったからこそゼロカットシステムのお世話になるわけです。

 

そして、ゼロカットシステムに助けてもらったところで、「口座資金を全額失っている」ことに変わりはありません。

 

つまりは「大失敗」ですね。

 

そのため、GEMFOREXを利用している多くの上級トレーダーが、「ゼロカットシステムがあるのはありがたいけれど、そんなものをアテにせず普通にトレード」しています。

 

私としても、GEMFOREXのものに限らず、ゼロカットシステムに関してはこういった意識でいるべきだと思います。

 

GEMFOREXのゼロカットシステムの条件の詳細

GEMFOREXのゼロカットシステムは、口座残高が0を切ってから1時間以内に発動します。

 

ただ、オフィシャルサイトには「60分を目安に」と記載されているので、2時間くらいまでは待ってみましょう。それでもゼロカットされないなら問い合わせてください。

 

そして、ゼロカットシステムの発動の仕方は「残りのボーナスの有無」で変わります。

 

ボーナスがある場合 

例えば、

 

  • 口座残高:マイナス1,000
  • ボーナス残高:3,000

 

の場合、ゼロカットシステムが発動すると、

 

  • 口座残高:0
  • ボーナス残高:2,000

 

となります。

 

 

また、

 

  • 口座残高:マイナス1,000
  • ボーナス残高:200

 

なら、

 

  • 口座残高:0
  • ボーナス残高:0

 

となります。

ここでは、「ボーナス200円と、GEMFOREXの負担分800円」で、ゼロカットシステムが発動しています。

 

ボーナスがない場合

ボーナスがないケースは非常に単純で、全額GEMFOREXが負担する形でゼロカットシステムが発動します。

 

「ボーナスがない事によるペナルティ」は特にないので安心です。

 

GEMFOREXでゼロカットシステムの対象外になるケースとは?

「ゼロカットシステムやボーナスを悪用したトレード」をすると、ゼロカットシステムの対象外になります。

 

具体的に言うと、

 

  1. 不正な両建て
  2. 相場急変時のみのトレード
  3. 事前申請なしでの大口取引

 

などがこれに該当します。

 

1.不正な両建て

GEMFOREXが容認しているのは「1つの口座内での両建て」のみです。

 

複数口座、複数業者、複数人での両建てをすると、ゼロカットシステムの対象外になります。

 

例えば「新興国通貨」など、相場が大きく動きやすい通貨ペアを使って、「複数口座」での両建てをハイレバで行えば、「片方のポジションでは大儲け、もう片方のポジションの損失は『口座が0になるまで』で済む」という、「超ローリスク、超ハイリターン」な状況ができあがってしまいます。

 

そのため、GEMFOREXを含むほとんどの海外FXブローカーが、「両建ては同じ口座だけでやってくださいね」という方針にしているのです。

 

これなら、荒稼ぎするような戦略は基本的に立てられませんからね。

 

2.相場急変時のみのトレード

すでに少し触れましたが、これについても「稼げるときはすごく稼げるが、口座残高が0未満にならない」という状況になるので、禁止されています。

 

ただ、GEMFOREXで普段からトレードしているのであれば関係ありません。

 

相場急変時はむしろ稼ぎ時なので、できればエントリーしたいところです。

 

3.事前申請なしでの大口取引

基本的に一度に10ロット以上のトレードをする場合は、GEMFOREXへの事前申請が必須となります。

 

10ロット以上であっても、エントリー→クローズに5分以上かければ大丈夫」などという噂もありますが、それも定かではないので一応申請しておいたほうが良いでしょう。

 

ただ、例えば「ドル円=110円」のときの10ロットともなればかなりの高額です。

 

GEMFOREXは「1ロット=10万通貨」ですから、「10ロット=11,000万円」となります。

 

レバレッジ1,000倍なので自己資金は11万円でOKですが、それでも気軽に出せる金額ではないはずです。

 

補足:「ゼロカットシステムの対象から外す」以外の処分もあります

上記の行為をしても、必ずゼロカットシステムの対象から外されるとは限りません。

 

  • 出金拒否
  • 口座凍結

 

などの処分が下ることもあります。

(これらが同時に発生することもあるかもしれません)

 

また、悪質でなければ「警告」だけで済む可能性もあります。

 

ただし、警告を無視していれば当然重いペナルティが課せられると考えるべきでしょう。

 

まとめ

色々と注意事項を紹介しましたが、普通にトレードしている限りはまず間違いなくゼロカットシステムは正常に発動します。

 

一番「ついやってしまいがち」なのは「無許可での大口トレード」でしょうか。

 

10ロット以上なら、事前にGEMFOREXに連絡する」という事を心にとめておきましょう。

 

また、そもそも「ゼロカットシステムのお世話になったら大失敗」という考え方も忘れてはいけません。

 

「ゼロカットシステムがあるから、大勝負できる」などという発想を持っている人は負けます。

おすすめの記事