GEMFOREXの口座開設

GEMFOREXの口座開設

ここではGEMFOREXの口座開設について順を追って見ていきましょう。

まずはGEMFOREXの公式ホームページを開きます。

 

 

右上の赤いボタン「リアル口座開設」をクリックします。

 

gemforex-02

 

口座開設フォームのページです。
まずは「口座タイプ」「登録種別」「名前」「メールアドレス」の4つの情報を入力し、口座開設を進めましょう。

 

口座タイプでは「日本円口座(オールインワン)」を選択しておきます。
登録種別ですが、今回は「個人口座」を選択します。
お名前の欄は漢字での入力ではなく英字での入力となります。
メールアドレスは普段お使いのものを記入しておくのがよいでしょう。

 

以上の入力が終わった後「私はロボットではありません」にチェックを入れます。
※チェックを入れないと先に進めません。

 

gemforex-03

チェックが入ると下に「口座開設」ボタンが現れます。
こちらのボタンを押してみましょう。

 

そうすると「入力内容を再度ご確認いただき、ページ下部の送信ボタンをクリックしてください」というアラートが上部に表示されます。

 

gemforex-04

 

内容を書く西「OK」ボタンを押しましょう。
そうすると「口座開設」ボタンが「内容送信」ボタンとなります。
入力した内容に問題がないようでしたら「内容送信」ボタンを押しましょう。

 

gemforex-05

 

送信が完了したのち上記の完了画面が表示されます。
口座開設の手続きの第一段階がこれで終了となります。同時に先ほど登録したメールアドレスに口座開設完了のメールが届きます。メールは「登録完了通知」メールと「口座開設完了のご案内」メールの2通が届きますので内容をチェックしましょう。

「登録完了通知」メール
まずは「登録完了通知」メールを確認します。

 

 

gemforex-06

 

登録完了通知メールの内容として「マイページ」へのログインリンクおよびログインパスワードが表示されています。

 

口座開設完了のメール

gemforex-07

 

一方の「口座開設完了」メールの内容ですが、「口座番号」「パスワード」「サーバ情報」といった情報について記載されています。他には「パスワードの種類について」「新規口座開設ボーナス受取について」「MetaTrader4 ダウンロード」といった項目もあります。

 

ざっと目を通したのちに先ほどの1通目のメールに記載されている「マイページログインはこちら」からマイページへアクセスしてみましょう。GEMFOREXのサイトの「ログイン」からもアクセスすることができます。

 

gemforex-08

 

GEMFOREXのマイページへログインできる画面となります。「登録メールアドレス」と「パスワード」を入力して「ログイン」ボタンを押しましょう。

 

gemforex-09

 

GEMFOREXのユーザーマイページに入ることができました。

では最初に本人確認登録を行います。本人確認できる身分証明書を提出する必要がありますので、ここからは本人確認登録の手順を進めていきます。

 

身分証提出

gemforex-10

 

それでは最初に「身分証提出」を行っていきましょう。

 

身分証提出には「運転免許証」「パスポート」「その他の証明書」「法人証明書」「個人事業主証明書」の中から自身が提出可能なもので選択する必要があります。運転免許証やパスポートにおいては有効期限内であることが必須となります。
提出する身分証が決まりましたらスマートフォンのカメラ等で撮影した身分証を「ファイル選択」から参照しアップロードしましょう。

 

gemforex-11

 

その次に行うことは「各種ID/生年月日入力」です。
「生年月日」はYYYY/MM/DDの順番に入力を行いましょう。「身分証各種ID」には、提出する身分証に記載されているIDを入力します。ここでいうIDとは免許証番号やパスポート番号などを指します。

 

gemforex-12

また免許証を身分証として提出する場合、前回の免許更新から住所変更があった人に関しては「身分証裏面、住所記載面」の項目から身分証裏面を撮影した画像をアップロードする必要があります。

 

さらに「ご本人と身分証」において、ご本人と身分証が一緒に写った写真のアップロードも必要です。サンプル写真を参考に、身分証を手に持って本人写真がはっきりと認識できる写真を撮影したうえでアップロードするようにしましょう。

 

gemforex-13

最後に「住所証明書」の登録を行いましょう。

 

住所証明書は、身分証提出で登録した身分証とは異なる書類にて、住所確認ができるものを提出しなければなりません。
ここで住所証明書に利用できる資料は「公共料金領収書」「クレジットカードまたは会社携帯電話の請求書」「住民票」「健康保険証」「マイナンバーカード」等のうちから1つです。

 

ただし、住所証明書は発行日より3か月以内のものを提出する必要があります。また健康保険証の場合のように表面に住所が記載されていないケースでは、手書きにて住所を記載したものを撮影してファイルをアップロードするようにしましょう。

 

gemforex-14

以上、必要となるファイルをすべてアップロードしたら「上記内容にて送信する」ボタンを押してファイルを送信します。

 

送信完了後には「送信完了しました。審査完了までしばらくお待ちください」というアラートが表示されます。
この状態になるとGEMFOREX側にて審査が行われますので、審査完了までしばらく待ちましょう。

 

その後問題なく審査完了となり、完了メールが届いたら口座に入金を行って取引開始となります。