ハイレバスキャルピング手法

「FXといえば高いレバレッジ」

 

そう思われる方も多いのではないでしょうか?しかし、FXではレバレッジなし(1倍)で取引するということもできるのです。

 

「それって何のメリットがあるの?」

「FXやる意味ないんじゃない?」

 

そう思われるでしょう?でも、FXにおいてレバレッジなしで取引するメリットも実際にあるんです。

 

そこで、今回はFX取引で最もリスクが低いと言われるレバレッジなしの手法の特徴や、その効果などを見ていきたいと思います。

 

「レバレッジなし」ってどういうこと?

「レバレッジなし」とは?

一見、FXの最大の魅力である高いレバレッジを放棄しているように見える「レバレッジなし」取引。しかし一方で、この手法は限りなく低リスクで運用できることで知られています。

 

そもそも、レバレッジなしのFXとはどういうものなのでしょうか?

 

例えば、国内FXにおいて100万円の証拠金に対して25倍のレバレッジをかけた場合、2500万円の取引ができることになります。

 

これに対して、レバレッジなしの取引では、100万円の証拠金でそのまま100万円の取引をすることになるのです。

 

「え?それって外貨預金と一緒じゃない??」

 

と思われるかもしれません。しかし、外貨預金との違いが、レバレッジなしの取引が安全といわれるポイントなのです。

 

外貨預金との違い

外貨預金とは、元手と同じ額の外貨で買いを入れる取引のこと。

 

例えば、円を換金した米ドルを口座に預金します。そして、一定時間口座に預けておくと、金利が付くわけです。この金利が日本円より高いので、お金が増えていくということになります。

 

レバレッジなしFXも、外貨預金と同じで等価交換ということになります。つまり、100万円を100万円分の米ドルで取引するということ。

 

ではどこが違うのか、下の表にまとめてみました。

 

 レバレッジなしFX外貨預金
金利スワップポイント円よりは高い
預金保護ありなし
ショート取引ありなし
取引手数料やや高いやや安い

 

金利が高い

FXで金利に相当するのがスワップポイント。これは、高金利の通貨と低金利の通貨との金利差で受け取ることできるものです。外貨預金よりも利回りが良く、レバレッジなしFXのほうがお得なんです。

 

そして、このスワップポイント、嬉しいことに毎日もらえちゃいます。(土日除く)

 

預金保護がある

預金保護とは、金融機関が倒産した場合に、最大1000万円の元本が保護されることです。

 

FXでは、業者が倒産した場合でも証拠金が全額保護されることになります。

 

これに対して、外貨預金は預金保護の対象外となっているため、金融機関が倒産すると資金を失うことになってしまうのです。

 

ショート取引が可能

ショート取引とは、ある通貨を売却したと仮定して、後から買い戻しを行うことで利益を出していく投資方法です。これによって、価格が上昇した時だけでなく、下落した時にも利益を出すことができるので。

 

このショート取引はFX独自の仕組みで、外貨預金にはありません。

 

取引手数料

FXでは取引手数料またはスプレッドがあります。

 

一方で、外貨預金には、「円→外貨」「外貨→円」の両方の両替時に手数料が発生します。

 

両者を比べると、外貨預金の手数料のほうが割安といえます。

 

「レバレッジなし」のメリット

リスクが限りなく小さい

ロスカットも追証もない

ロスカットがないというのは、かなり重要なポイントです。ロスカットとは、一定以上の損失を出さないための強制決済のことで、FX業者が定める証拠金維持率を下回った時に執行されます。ロスカットは、当然元本を減らすことを意味します。

 

しかし、レバレッジなしの取引の場合、為替相場の変動と同額の変動しか起きないので、証拠金維持率を落とすことなく、安全なトレードが可能なのです。

 

それに伴って、追証も発生しません。

 

これらの心配をせずに安心して取引できることが、レバレッジなし取引の最大のメリットでしょう。

 

毎日もらえるスワップポイント

レバレッジなし取引では、スワップポイントが毎日(土日除く)もらえます。これも非常に大きなメリットです。

 

スワップポイントとは、通貨ペアの金利差調整額。つまり、保有ロット数に応じて1日ごとに付与される金利のことを言います。

 

例えば、高金利で人気の豪ドル/円のペアだと、1万通貨あたり40円/日ほどのスワップポイントが付与されます。これを1年に換算すると14,600円。1豪ドル=80円とすると、レバレッジなし取引で1万通貨を保有するには80万円必要となります。これを1年保有していると、年利0.018%。定期預金よりもお得ということになります。

 

さらに金利が高くて人気なのは、南アフリカランド、メキシコペソ、トルコリラなどです。

 

例えばトルコリラだと、1万通貨あたりのスワップポイントはなんと120円/日。破格ですね。

 

ただし、金利が高い国というのは、通貨暴落の可能性も高いということも考えられるので、その点は十分に注意しておきましょう。

 

複利を活かした長期運用がお勧め

このように、保有しておくだけで毎日スワップポイントがもらえちゃうわけですから、長期的な運用がお得です。

 

また、付与されたスワップポイントを再投資していくことで複利の効果も得られることになります。100万円を10年間レバレッジなし取引で運用し続けたら1,000万円に、なんてこともあり得るので、元手ができれば運用につぎ込むのが得策と言えます。

 

「レバレッジなし」のデメリット

大きな利益は狙えない

レバレッジなし取引はリスクが小さい分、利益率はどうしても低くなります。

 

「FXの醍醐味はなんといってもハイレバレッジ」という方には、FXで運用する楽しみがまったく感じられないかもしれません。

 

もしリスク回避を優先して、資産がマイナスになることがない点を重視するなら、ゼロカットシステムを採用する海外FXもお勧めです。

 

資金効率が悪い

レバレッジなし取引において運用できる資金は自己資金のみです。一方で、レバレッジをかけると自己資金の何倍もの金額を運用することができます。この点で、レバレッジなし取引は資金効率は悪いと言わざるを得ません。

 

また、レバレッジなし取引で、大きな利益を狙おうとすると、たくさんの資金が必要となります。その点もやはり海外FXの方が効率的と言えます。

 

お勧めの「レバレッジなし」運用法

レバレッジなし取引は、精神面や金銭面、そして時間面でとにかく負担の少ないFXの取引スタイルと言えます。このようなレバレッジなし取引では、やはりスワップポイントを活かした長期運用がお勧めです。特に、南アフリカランドやトルコリラなどの高金利の通貨ペアを選ぶことで、より高いスワップポイントを毎日受け取ることができます。そして、これを複利的に何年も運用していくことで、非常に高い金利を達成することができるのです。

おすすめの記事