IS6FX(旧is6com)の出金方法は銀行・ビットウォレット!日数・手数料は?

ここでは、IS6FX(旧is6com)の出金方法&着金日数&手数料についてお話していきます。

利益を出す前に出金方法まで知っておくと安心です。

 

IS6FX(旧is6com)の2つの出金方法

IS6FX(旧is6com)には「銀行送金」「ビットウォレット」しか出金方法がありません。

 

海外FXではクレジットカードで出金できる場合が多いですが、IS6FX(旧is6com)は対応していないので気を付けてください(ただし入金ならクレジットカードでもできます)。

 

海外送金については着金日数がそれなりに長く、手数料も結構かかってしまいます。

 

ですから、出金方法としてはビットウォレットをチョイスすることを推奨します。

 

「ビットウォレットのアカウントを作ってからIS6FX(旧is6com)に登録する」か、同時くらいのタイミングで作成しておくといいでしょう。

 

もちろん、今ビットウォレットのアカウントがある場合は、それを使い回せば問題ありません。

 

ビットウォレットのアカウントの完成までには最速10分くらいしかかかりません。

 

IS6FX(旧is6com)以外にもビットウォレットに対応している海外FXブローカーはたくさんあるので、思い切ってアカウントを持っておくと重宝しますよ。

 

IS6FX(旧is6com)の出金について気をつけるべきこと

・電話確認について

・未決済ポジションについて

・ボーナスの扱いについて

・出金額の限度について

 

○電話確認について

 

出金を行うに際して、銀行から「なんのお金ですか?」などの確認の電話が入る可能性があります。これに対しては、変につくろわず「FX取引で稼いだお金です」と返答すれば問題ありません。

 

あまり堅苦しく考えないようにしましょう。

 

とはいえ、家族に黙ってFXをしている人などはこれでバレる恐れもあります。

(そもそも家族に知らせずにFXをするべきではないとは思いますが……)

 

また、電話が入ることで着金日数が伸びることはあまりないようです。

 

○未決済ポジションについて

 

IS6FX(旧is6com)の場合、一つでもポジションがあると(=終わっていない取引があると)出金を行うことが不可能となります。出金する前に取引を完結させましょう。

 

また、「毎月このタイミングで出金したい」などの希望がある場合は、それを見越して取引する必要があります。

 

ちなみに、このようなルールがある理由は「ポジションがあるときに出金を行うと、証拠金維持率がダウンしてロスカットが近づくから」です。

 

IS6FX(旧is6com)以外の「ポジション所有時の出金OKの業者」を使う場合も、証拠金維持率には細心の注意を払いましょう。

 

○ボーナスの扱いについて

 

IS6FX(旧is6com)だけでなくほとんどのブローカーに言えることですが、ボーナスをそのまま出金することは不可能です。それを容認してしまうと「ボーナスを受け取って、そのまま離脱する」ことができてしまうので、禁じられるのも当然ですよね。

 

それから、IS6FX(旧is6com)では出金手続きが済んだ瞬間にボーナス残高が0になります。

 

だからといって「ボーナスを100パーセント消化するまで取引を……」と思っていると日数が経過し過ぎる恐れがありますが、可能であればある程度ボーナスを使っておきましょう。

 

○出金額の限度について

 

どちらの出金方法でも出金額の限度は存在しません。いくらでも出金することができます。

 

ただし、出金金額が極端に高い際には、銀行から電話がかかってくるかもしれません。

 

IS6FX(旧is6com)の出金手数料は基本無料!でも注意点あり

IS6FX(旧is6com)の出金手数料は基本的に無料です。

 

海外送金に関してもビットウォレットに関してもそれは同じです。

 

ただし、「その月の2回目以降の出金」については出金手数料が発生してしまいます。

 

ですから、「月給」のような感覚で月1回(以下)出金することを推奨します。

 

あまり日数を置かずに出金していると余計なコストがかかる事になりますからね。

 

「月2度目からの出金」については、「IS6FX(旧is6com)に対する手数料」として、「出金金額×0.02円」を徴収されます。

(出金額が2万円以下なら45$で固定)

 

「要するに2パーセントでしょ?大したことない」と思うかもしれませんが、100万円出金して2万円も取られるのは結構痛いです。

 

それから、あくまで「IS6FX(旧is6com)に払う手数料が月の初回無料」というだけですので気を付けてください。

 

いつ出金する場合でも「入金システムへの手数料」は発生します。

 

これはどんなに日数を開けて出金していても回避できるものではありません。

 

その手数料ですが、「銀行送金:4000円程度」「ビットウォレット:800円程度」となっています。

 

IS6FX(旧is6com)において「入金→即出金」は厳禁 

間違えて入金したときなどは、「取引せずに入金したお金を出金する」という行動を取りたくなるかもしれません。

 

しかしそれをすると、IS6FX(旧is6com)に対して一律で4500円の手数料を支払うことになるので覚えておきましょう。

 

もちろん、「銀行送金:4000円程度」「ビットウォレット:800円程度」の手数料も併せて発生します。

  

こういった事態を避けるためにも、入金も出金も一定の日数ごとに行うといいかもしれませんね。そうすれば、「つい頭に血が上って出金!」ということもなくなりますし。

 

IS6FX(旧is6com)における出金時の着金日数

 

  1. IS6FX(旧is6com)が出金手続きを処理する日数
  2. 「IS6FX(旧is6com)の出金手続き完了」 ⇒ 着金までの日数

 

以上の2ステップに分けて解説します。

 

1.IS6FX(旧is6com)が出金手続きを処理する日数

ここまでの日数は基本的に1日以内です。

 

ビットウォレットを出金方法にした場合でも、銀行送金を選んだケースでもそれは一緒です。

 

要するに「IS6FX(旧is6com)側の処理」の問題ですから、どちらの出金方法なのかというのはあまり関係ないわけですね。

 

2.「IS6FX(旧is6com)の出金手続き完了」 ⇒ 着金までの日数

ここからはIS6FX(旧is6com)を離れて処理されるわけですから、日数に差が出ます。

 

ビットウォレット:1日以内(ほとんどすぐ)
銀行送金:3~5営業日

 

といったところです。

 

ビットウォレットのほうが着金日数が短いですし、手数料も低いですよね。

 

ですから、IS6FX(旧is6com)の出金方法としてはビットウォレットを推奨します。

 

IS6FX(旧is6com)の出金方法

では、IS6FX(旧is6com)で出金を行うためのステップを紹介していきます。

 

  1. 口座登録
  2. 出金手続き
  3. 着金

 

1.口座登録 

「IS6FX(旧is6com)で獲得した利益が入る口座」を登録します。

 

IS6FX(旧is6com)のマイページを開く→「アカウント情報」をクリック→下にスクロール→「銀行情報を登録する」

 

ここで情報登録をするわけですが、少しでもミスがあると出金できなくなる可能性があります。いくら時間がかかってもいい部分ですので、慎重に入力しましょう。

 

2.出金手続き

 マイページ→「出金」→出金希望額の入力→「~同意します」を選択→「出金確認画面へ」をクリック。

 

ここからも細かい工程はありますが、メッセージに沿って進めるだけなので省略します。

 

初回でも迷わず手続きできるはずですよ。

 

3.着金

あとは着金が完了するまで待ちます。

ビットウォレットなら1日以内(基本的には即)、銀行送金なら35営業日というのが目安でしたね。

 

それ以上の日数が経過しても着金されないのであれば、とりあえずIS6FX(旧is6com)側に報告しましょう。それでも解決しない場合は、銀行・ビットウォレットに連絡しましょう。

 

まとめ 

IS6FX(旧is6com)の出金方法&着金日数&手数料についてでした。

 

手数料や着金日数の関係上、基本的にはビットウォレットをチョイスすることを推奨します。

 

また、月2回以上出金してしまうと手数料が発生するので、月1回までにしておきましょう。そうそう頻繁に出金したくなる事もないはずですし、これについては大丈夫かと思います。

おすすめの記事