is6comにはどんなボーナスキャンペーンがある?

ここでは海外FXブローカーのis6comが実施しているボーナスキャンペーンについて解説します。

 

やり方を間違えるとボーナスがもらえなくなるので気を付けましょう。

 

is6comのボーナスキャンペーンの最大の注意点 

is6comのボーナスキャンペーンについて詳しく紹介する前に、必ず知っておかなければならないことがあります。それは、「スタンダード口座でしかボーナスキャンペーンに参加できない」ということです。

 

is6comには「マイクロ口座」という口座タイプもあるのですが、スタンダード口座でボーナスを獲得してから、こちらの口座を作成することをおすすめします。

 

もちろん、マイクロ口座の作成は必須ではありません。

 

マイクロ口座は、単純に「スタンダード口座の取引量などの縮小版」でしかないので、スタンダード口座で問題なくトレードできている人にとっては、不要である可能性が高いです。

 

is6comではまず新規口座開設ボーナスをゲット

is6comでは5,000円の「新規口座開設ボーナスキャンペーン」を用意しています。

 

is6comにおける1つ目の口座」を作ると、そのまま5,000円が口座に反映された状態にしてくれます。

 

この5,000円を使って、とりあえず「自己資金ナシ」でトレードに挑戦してみるのもいいでしょう。

 

ちなみに、たまに「どうせ自己資金じゃないから」と5,000円一度に使ってしまう人がいますが、その手法はあまりおすすめしません。

 

「トレードの練習」も兼ねて、少しずつお金を使うことを推奨します。

 

また、そもそも「有り金を全額使う習慣」をつけるべきではありません。

 

次は入金ボーナスをゲット

is6comでは基本的に「100パーセント入金ボーナスキャンペーン」を行っています。

 

これは、「入金金額の100パーセント(入金金額の同額)のボーナスがゲットできる」というものです。

 

入金ボーナスキャンペーンが開催しているときに入金してみましょう!

 

is6comのボーナスキャンペーンが豪華になる

私がこの記事を書いている少し前の時期に、口座登録ボーナスキャンペーンの金額が5万円になったことがありました。

 

5万円に上昇したことで多少「ボーナスを獲得するための条件」が厳しくなりましたが、それを加味して考えても5,000円に比べると圧倒的にお得でした。

 

また、「100パーセント入金ボーナスキャンペーン」が「200パーセント入金ボーナスキャンペーン」に変化するケースもあります。

 

10万円入金すると、実に20万円ももらえるわけです。

 

is6comは割とハイペースでボーナスキャンペーンを豪華にしている印象です。

 

余裕があれば、「入金ボーナスキャンペーンをやっているときにしか入金しない」という作戦を採ってみるのも良いでしょう。

 

is6comのボーナスキャンペーンについて見落としがち

is6comのボーナスキャンペーンを最大限活かすためにも以下のことに気を付けましょう。

 

  1. 「口座間資金移動」に注意
  2. ボーナスはいつ消える?
  3. 入金方法によっては注意
  4. キャッシュバックサイトの利用は推奨しません
  5. スタンダード口座が必須

 

1.「口座間資金移動」に注意

まず、「ボーナスのある口座」から「別の口座」に資金を移してもボーナスが消滅することはありません。また、「一部消滅」もないので安心して資金移動を行うことができます。

 

一例として、

 

「有効証拠金5万円(口座残高4万円+ボーナス1万円)」という口座があったとします。

 

ここで、この口座から一部の資金を別の口座に移すとします。

 

まず、3万円移す場合。

 

3万円は「口座残高の75パーセント」です。

 

そのため、ボーナスについては「1万円×75パーセント=7,500円」が移動することになります。

 

続いて、1万円移す場合。

 

1万円は「口座残高の25パーセント」です。

 

そのため、ボーナスについては「1万円×25パーセント=2,500円」が移動することになります。

 

まあ、繰り返しになりますが、資金移動をしてもボーナスは1円も減りません。

 

ですから、気にならないのであればこの辺りの規則は覚えなくても良いでしょう。 

※ただし、他の海外FXブローカーのなかには資金移動をすることで、ボーナスが消える(一部消える)ところが少なくありません。

 

2.ボーナスはいつ消える?

資金移動ではボーナスは消えませんが、出金をするとボーナスは1円も残らず消滅します。

 

出金金額がいくらであっても全部消滅しますし、ボーナスキャンペーンでの獲得金額がいくらであってもやはり全部消滅します。

 

「資金移動なら全額残る/出金なら全額消える」と覚えましょう。

 

また、is6com側にいくら申請してもボーナスが元に戻ることは絶対にないので気を付けましょう。

 

基本的にFXにおいて「戦略的にどうしても出金しなければならない場面」というのはほとんどありません。

 

「生活費が厳しい」などの理由があるのであれば仕方がありませんが、そうでない場合は「ボーナスを無駄にしてしまう出金」はできるだけ避けましょう。

 

3.入金方法によっては注意

 is6comでの入金方法がクレジットカードかビットウォレットである場合は、即座に入金が反映するので問題はありません。

 

しかし、入金方法が銀行送金である場合は、入金が反映するまでに35営業日ほど経過してしまいます。

 

そのため、「入金ボーナスキャンペーンが終わるギリギリのタイミング」で入金すると、間に合わなくなって、ボーナスがゲットできなくなる可能性が高いです。

 

ですから、銀行送金を利用するならば、入金ボーナスキャンペーンが始まったらできるだけ早く入金をしてしまいましょう。

 

また、正直なところ入金ボーナスキャンペーンを抜きにして考えても、is6comに関してはクレジットカードやビットウォレットで入金するほうが便利だと思います。

 

4.キャッシュバックサイトの利用は推奨しません

「介して口座を作成すると、取引量に応じてキャッシュバックをしてくれるサイト」のことを「キャッシュバックサイト」と言います。例えば、「ロイヤルキャッシュバック」などが有名です。

(日本国内のサービスで言えば、ポイントサイトの「げん玉」や「モッピー」などが近いと思います)

 

ただただお得に見えるキャッシュバックサイトですが、実は大きなデメリットがあります。

 

それは、「キャッシュバックサイトを使うと、is6com自体のボーナスキャンペーン(新規口座開設、入金)への参加権がなくなる」ということです。

 

ほとんどのケースで「is6comのボーナスキャンペーン>キャッシュバックサイトからの恩恵」なので、キャッシュバックサイトはスルーすることを推奨します。

 

5.スタンダード口座が必須

繰り返しになりますが、スタンダード口座でないとボーナスキャンペーンに参加することができません。

 

is6comでは複数口座を持てるので「どうしてもマイクロ口座が欲しい」という人でも、騙されたと思って最初はスタンダード口座を作りましょう。

 

ちなみにis6comには「優待キャンペーンボーナス」という、口座所有者を対象とするサービスも存在するのですが、これについてもマイクロ口座は対象外となっています。

 

まとめ 

is6comのボーナスキャンペーン情報でした。

 

入金ボーナスキャンペーンと口座登録ボーナスキャンペーンを活用して、「自己資金以上の取引」をしましょう。

 

ただし、キャッシュバックサイトは使わないようにしましょう。

 

多くのキャッシュバックサイトが「かなり魅力的に見える宣伝」をしますが、とにかく無視してください。

おすすめの記事