国内FX業者に口座開設ボーナスはある?キャッシュバックの仕組み

FXを始めようとしている初心者や取引の未経験者の中には、FXには日本の国内業者と海外業者の何が違うかについて疑問を抱く人も多いです。

 

日本の業者と聞けば安心な気がするし、海外の業者と言えば詐欺にあいそうで怖いというイメージを持っている人もいるのではないでしょうか?

 

少し調べてみると、海外FX業者のメリットとして「口座開設ボーナス」という言葉が見受けられるはずです。

 

それでは、日本国内のFX業者で口座開設ボーナスを行なっている業者はあるのでしょうか?

 

結論としては、「厳密に言うと、ない」が答えです。

 

  • この記事でわかること
  • 口座開設ボーナスとは?
  • 日本国内のFX業者にあるサービスとは

 

口座開設ボーナスとは?少額資金で利益を生みやすいサービス

口座開設ボーナスは、海外のFX業者に多い独特なサービスと言えます。

 

新規で口座を開設した際に、多くの場合が入金不要かつ無料でクレジットを付与してもらえるといったサービスです。

 

クレジットの額はFX業者によって様々で、差額は3,000~30,000円とかなり大きいです。

 

あくまで新規の口座を開設するという条件であり、場合によっては他にも特定の条件が付けられている場合がありますが、基本的には付与されたクレジットを資金として取引に活用することができます。

 

このクレジットは出金することができませんが、クレジットを使って発生した利益は現金として出金することができます。少額資金でFX取引を始めたい人や、投資額ゼロで取引を始めて利益を出したいという人にとって、リスクゼロなのが最大のメリットです。

 

デポジットを付与されるためには、口座開設時に身分証明をする必要があることがあります。複雑な申請を必要とする業者もありますが、初心者はなるべくシンプルな申請で済む業者を選ぶことをおすすめします。

 

日本国内FX業者には口座開設ボーナスは存在しない?

口座開設ボーナスは海外のFX業者が積極的に利用しているサービスの1つです。日本国内のFX業者は口座開設ボーナスというよりも、一定の条件内で取引を始めた場合にキャッシュバックをもらえるスタイルのものがほとんどです。

 

つまり、口座を開設しただけで入金してもらえるわけではなく、取引を始めた時点でキャッシュバックという形でお金が入ってくる仕組みになります。

 

この場合も、口座を開設してからいつ取引を始めてもキャッシュバックをもらえるわけではなく、「一定期間内に取引を始めた場合に限る」などの条件が付いていることがほとんどなので注意が必要です。

 

さらに、最高のキャッシュバック額が100,000円など金額の高い業者が多いことに魅力を感じてしまいがちですが、実際に最高額のキャッシュバックを受けるためには5,000万通過から1億通貨以上の取引をしないといけないので、大口投資家でもなければ難しいです。

 

日本国内FX業者のキャッシュバック条件を比較

それでは実際に、日本の大手FX業者のキャッシュバック条件を比較してみます。

 

国内FX業者比較:みんなのFX

「みんなのFX」は定期的に複数のキャッシュバックキャンペーンを行なっています。こまかに公式ホームページをチェックして、利用しやすいキャッシュバックキャンペーンを利用するようにしましょう。

 

口座開設キャンペーン:1,000円~50,000円キャッシュバック

 

条件は、新規口座を開設した個人投資家のうち、新規口座申込み月の翌々月末の最終営業日マーケットクローズまでに一定の取引を行なった場合です。

 

国内FX業者比較:外貨どっとコム

「外貨どっとコム」では細かな条件別で口座開設キャッシュバックを行なっています。単位は1,000円からで、細かな条件をクリアすると少しずつキャッシュバックの金額が上がっていく仕組みです。クリアしやすい条件は、スマホアプリでログインすると1,000円、入金10万円以上で1,000円、マネ育スクールというFX入門口座を受講し理解度テストの合計とアンケートへの回答をすると1,000円の、合計3,000円のキャッシュバックなどが用意されています。

 

口座開設キャンペーン:1,000円~100,000円

 

条件は、口座開設の翌々月末までにキャッシュバック対象内の内容をクリアすることです。スマホアプリのログインや入金および取引量に応じたキャッシュバックがされます。

 

国内FX業者比較:Money Partners(マネーパートナーズ)

マネーパートナーズでは毎月キャッシュバックを行なっていて、口座開設に合わせて特別なキャンペーンがあるわけではありません。

 

毎月キャッシュバックの機会があるので、キャンペーンなどの一過性のものではないのが魅力です。

 

他の日本国内FX業者では取引高に応じたキャッシュバックを採用していることが多いですが、マネーパートナーズでは建玉残高もキャッシュバックの対象になります。

 

取引高のキャッシュバック率:1万通貨あたり0.1~0.2円
未決済建玉残高キャッシュバック率:1万通貨あたり0.1~0.2円

 

キャッシュバック金額は、毎営業日終了時点で通貨ペアごとに計算がされます。

日々計算した金額は月末集計で集計を行い、金額を翌月第一営業日に会員残高へ入金されます。

 

国内FX業者比較:DMM FX (ディーエムエムエフエックス)

DMM FX」では、スマホでスピード本人確認をすることで審査を受け、ログインIDやパスワードを確認した後、入金が完了する時点から一定の条件をクリアした場合に、キャッシュバックが可能です。

 

口座開設キャンペーン:20,000円のキャッシュバック

 

条件は、口座開設完了日から3ヶ月以内に500Lot以上の新規取引をすることです。

 

選ぶなら日本国内FX業者?海外FX業者?

日本国内FXでは口座を開いただけでデポジットを無料で付与されることがほとんどありません。

 

しかし、海外FX業者の場合は口座開設ボーナスを採用している業者がかなり多く、内容も充実しています。

 

口座を開くだけで無料のクレジットをもらうことができるので、少額資産で取引をスタートしたい人にとっては海外FX業者の口座開設ボーナスを利用するべきだと言えます。

 

それでは、日本国内のFX業者を利用することのメリットはなんでしょうか?

 

  • 日本国内のFX業者を利用するメリット
  • 海外FXを利用するより税率が低い
  • スプレッドが比較的狭い
  • 入出金の手間がかからない

 

日本国内のFX業者を利用する場合、海外FX業者を利用するよりも税率が低いのは大きなメリットと言えるでしょう。

 

スプレッドは海外FXと比べて比較的狭いことや、透明性が高い約定方式を使っているためトレードの安心感が高いと言えます。

 

また、海外FX業者を利用する場合に面倒なのが、毎回の海外送金という手間です。慣れてしまえば大したことはないと感じるかもしれませんが、日本国内FXと比べるとはるかに面倒であると言えます。

 

それでは反対に、日本国内FX業者のデメリットをあげていきます。

 

  • 日本国内FX業者を利用するデメリット
  • 最大レバレッジが25倍
  • 追証により借金を追う可能性がある

 

最大レバレッジは低いほど、トレード時に必要な資金が増えてしまいます。

 

資金量が少ない個人投資家にとってはかなり不利な条件と言えます。

 

例えば相場が急降下した際に、強制のロスカットがうまく発動されなかった場合に「追証」が起こります。追証とはつまり、追加の証拠金のことを指します。

 

これは、口座内の証拠金が不足した場合に追加で証拠金を入金する必要があるときに、借金の形を追う可能性があることを意味します。

 

追証は国内FX業者を利用することの大きなデメリットと言えます。

 

日本国内FX業者には口座開設ボーナスがないので不便

大口投資家にとっては特に問題はないかもしれませんが、少額で取引をスタートさせたい個人投資家にとっては海外FX業者の方があっていると言えます。

 

海外FX業者で付与されるボーナスを利用して、トレードの練習をしてから国内FX業者に渡るのも良いでしょう。

おすすめの記事