ロット数と最大レバレッジの関係性を知るとIS6FX(旧is6com)が怖くなくなる

IS6FX(旧is6com)の最大レバレッジは1,000倍です。

 

そのため「最大レバレッジが高すぎて怖い!」と感じる人もいるようですが、ロット数と最大レバレッジの関係性を知ると、その考えは逆転します。

 

IS6FX(旧is6com)の最大レバレッジは1,000倍!でも注意点あり

IS6FX(旧is6com)の最大レバレッジは原則として1000倍ですが、口座残高次第で以下のような規制が入ります。

 

最大レバレッジ1,000倍 ⇒ 口座残高が2万ドルに満たない場合
最大レバレッジ500倍 ⇒ 口座残高が5万ドルに満たない場合
最大レバレッジ200倍 ⇒ 口座残高が10万ドルに満たない場合
最大レバレッジ100倍 ⇒ 口座残高が10万ドルに到達した場合

 

ということで、IS6FX(旧is6com)で稼げば稼ぐほど「最大レバレッジ規制」が近づくので気をつけてください。とはいえ、解決策は単純で「口座残高が2万ドルになるまでに出金すればいいだけ」です。

 

効率よく大きなロット数を扱うためにも、最大レバレッジを1,000倍に保つことを意識しましょう。

 

ちなみに、IS6FX(旧is6com)には「マイクロ口座」と「スタンダード口座」がありますが、最大レバレッジに関するルールは変わりません。

 

ただし、マイクロ口座では大きなロット数を扱いにくいので、スタンダード口座を作ることをおすすめします。

 

政治経済・社会情勢に関する大きなイベント時にも最大レバレッジ規制が入るかも

IS6FX(旧is6com)に限らずほとんどの海外FXブローカーで共通することですが、政治経済や社会情勢に関わる大きなイベントが発生すると、最大レバレッジがダウンする可能性があります。

 

こういった時期には相場が大きく動きますので、IS6FX(旧is6com)側としてはあまり最大レバレッジを高くしておきたくないわけですね。

 

とはいえ、このようなパターンで最大レバレッジが下がる場合は、IS6FX(旧is6com)の公式がちゃんと発表してくれるので安心です。

 

IS6FX(旧is6com)は「最大レバレッジ1,000倍」は全然危険じゃない

「いや、最大レバレッジ1,000倍なんてむしろリスクが高いのでは?」と感じるかもしれれませんが、それはハッキリと勘違いだと言えます。

 

IS6FX(旧is6com)は「10万通貨=1ロット」です。

 

分かりやすくするために「1ロット=1,000万円」と仮定します(1通貨=100円)。

 

1,000万円と聞くと途方もない金額に感じるかもしれませんが、IS6FX(旧is6com)は最大レバレッジ1,000倍です。

 

ですから、「1,000万円÷1,0001万円」だけ用意すれば「ロット数1」を買うことができます。

 

最大レバレッジ1,000倍が危険だと感じている人の多くは、「ほら、1万円出しただけなのに1,000万円分(ロット数1)も購入できちゃう!負けたらどうするの!」と思うのでしょう。

 

ですが、そう感じる人は「レバレッジ」というものを理解していません。

 

ここでは「1万円出しているだけ」ですから、あくまで1万円までしかマイナスになりません。

 

「じゃあなんで1,000万円(ロット数1)も買えるの!?」と疑問に感じるかもしれませんね。

 

それについては、乱暴な答えですが、とりあえず「同じ条件で勝つ人も負ける人もいるから、バランスは取れている」という表現で理解してください。

 

IS6FX(旧is6com)のゼロカットシステムについて

 

ゼロカットシステム:口座残高が負の数字になった際にゼロに戻すサービス

 

また、このゼロカットシステムがあるので、「入金額以上の損失」がIS6FX(旧is6com)で出ることは絶対にありません。

 

上記のように「1万円で1ロット(1,000万円)買う」のだとしても、最悪でも1万円のマイナスにしかなりません。

 

「最大レバレッジ1,000倍は全然怖くない」という事がお分かりいただけたのではないでしょうか。

 

むしろ国内FXのようなローレバレッジのほうが怖い

「ロット数11,000万円)」をレバレッジ1,000倍で扱うのであれば、用意する資金は1万円だけでOKです。

 

大失敗しても1万円までしか失いません。

 

では、「最大レバレッジ25倍」で、IS6FX(旧is6com)の「ロット数11,000万円)」を買うとすればどうなるのでしょうか。

 

そうです。40万円ものお金が必要になりますよね。つまり、大失敗すれば40万円が消えるということです。

 

実はこの「最大レバレッジ25倍」というのは国内FXのルールです。

 

国内FXがいかにハイリスク……と言いますか、「効率のいいトレードがしにくい」かという事がお分かりいただけるのではないでしょうか。

 

さらに言えば国内FXブローカーは法律の都合上「ゼロカットシステム」を設定することができないので、この例でいけば「40万円以上の損失」が発生することも普通にあり得ます。

 

勝てるトレーダーはレバレッジをどう捉えるか

初心者トレーダーによくあるのが「最大レバレッジが1,000倍なら、ちょっと自己資金を用意するだけでもかなりのロット数でトレードすることが可能」という発想です。

 

そのまま何となくFX生活を続けていくうちに「1万円あればロット数15万円あればロット数5、頑張って100万円準備すればロット数100……」などと考えて、いずれ破滅するかもしれません。

 

しかし、安定して利益を出せるトレーダーは違う角度から考えます。

 

「ロット数1でも、最大レバレッジ100倍なら資金はたった10万円でいいのか」という発想です。

 

そして、「ロット数1/最大レバレッジ1,000倍なら、1万円用意すればいい!」

 

「もし最大レバレッジが1万倍なら、たった1,000円で済むのになあ……」と思うわけです。

 

つまり、

 

初心者:自己資金をどんどん上げようとする
上級者:自己資金をできるだけ下げようとする(むやみに上げないようにする)

 

という違いがあるわけですね。

 

IS6FX(旧is6com)で安全に取引するための3つの方法

やや重複する部分もあるかもしれませんが、IS6FX(旧is6com)で安全に取引するための方法を、今度は簡単にまとめてみます。

 

  1. 最大レバレッジを上げる
  2. ロット数を落とす
  3. 入金する

 

1.最大レバレッジを上げる

すでに最大レバレッジでトレードしている場合はそのままで。

 

まだ、最大レバレッジにしていないのであれば限界まで倍率を上げます。

 

単純に言えばこれだけです。

 

2.ロット数を落とす 

「ロット数1」で考えてきましたが、最初のうちはロット数0.10.5くらいでもいいと思います。

 

自己資金額と相談しながら、無理のないロット数を扱いましょう。

 

ただし、ロット数が0.1未満となるとさすがに少なすぎて、ロクに稼げない可能性が出てきます。

 

3.入金する

よく言われることですが、「全額失ってもいいお金」だけでFX取引をすることが大事です。

 

しかし、弱気になりすぎて入金額を妙に低くしてしまえば稼ぎにくくなりますし、証拠金維持率を上げるのも難しくなります。

 

また、こういう考え方もあります。

 

「入金額10万円で1,000円の利益を出す」のと、

「入金額1,000円で1,000円の利益を出す」のとでは、

 

どちらのほうが余裕をもって立ち回れるでしょうか。

 

もちろん、前者のほうが楽ですよね。後者でプラス1,000円を達成しようと思ったら、多少ギャンブル的な行動が必要になる可能性が高いです。

 

「無理をしない」のがFXトレードの鉄則ではありますが、それと「弱気になる」のは別物だということを理解しましょう。

 

まとめ

ロット数と最大レバレッジの関係性などについて解説しました。

 

とりあえず「IS6FX(旧is6com)は最大レバレッジが高い。だから安全」ということだけお分かりいただければ、FX未経験~超初心者の段階であれば十分だと思います。

 

  • IS6FX(旧is6com)の最大レバレッジは1,000倍
  • レバレッジを上げれば「同じロット数でも少ない自己資金で持てる」
  • レバレッジを低くせざるを得ない国内FXはハイリスクになりやすい
  • 無意味な「入金渋り」はやめましょう
おすすめの記事