ダウンロードしたMT4がMT5になってしまう理由と対策

FXトレーダーから絶大な指示を得ているMT4ですが、ダウンロードしようとしたらMT5になってしまうという事態が起きています。

 

MT4は多機能であり自由度が高い仕様だったためにずっと使い続けていて今後も変える気はないという方も非常に多く大変人気があります。

 

MT4とMT5ではEAやインディケータは同じものが使えないので、MT4で使いたいインディケータがあったり、今まで使っていたインディケータがある場合はかなり悩ましい事態ですよね。

 

そこで今回はMT4をダウンロードした時にMT5になってしまう理由や、MT4をダウンロードしたい時はどうしたらいいのかについてお伝えします。

 

ぜひ最後までご覧ください。

MT4をダウンロードしてもMT5になってしまう?

MT4やMT5はロシアにあるメタクウォーツ(Meta Quotes Software)社による完全無料のFX取引ツールになっています。

 

MT4は2005年にリリースされ、MT4の進化版として2011年にMT5がリリースされています。

 

どちらも取引ツールとしてはそこまで違いはない印象がありますが、何かと不具合があったりすることがあるMT5に比べMT4の根強いファンが多いこともあり、いまだにMT4を使っている方が非常に多いのが現状です。

 

ですが、新規でダウンロードしようとした場合はもちろんのこと、今まで使っていたMT4をパソコンを買い換えたなどを理由に入れ直そうと思って提供元のメタクウォーツ社の公式ホームページに行ってもMT4はダウンロードできずMT5しかダウンロードできないという現象が起きています。

 

公式ホームページ上にはMT4のダウンロードページを示唆するバナーなどはちらほらありますが、そのどれもがMT4だと思いダウンロードを実行してもMT5になってしまっているのです。

メタクォーツ社はMT5を促進したい

メタクウォーツ社のサイトからMT4をダウンロードしようとするとMT5がインストールされてしまう現象が起きていますが、これにはメタクウォーツ社のMT5利用を促進する目的があるからとされています。

 

まずMT4をダウンロードしようとした時に「MT4」と検索すると思いますが、一番上に出てくるのは当然ながらMT4を提供しているメタクウォーツ社の公式ページとなります。

 

ですがこのページからでは現在MT4をダウンロードすることができません。

 

MT4をダウンロードするという旨のバナーはありますが全てMT5になってしまっています。

 

また、2016年11月に行われた業界向けのカンファレンスでメタクウォーツ社はMT4の開発を終了することを宣言しています。

 

そのため、MT5の利用促進を進めるべくこのような対策をとっているようです。

 

よほどMT5に触れて欲しいのかメタクウォーツ社でダウンロードした場合のセットアップのファイル名までMT4の名前がついており、とことん偽装されています。

 

しかし、MT4を利用していた方が非常に多く、MT4との互換性がないことから利用者は伸び悩んでいるようです。

MT4はFX業者からダウンロードすることができる

提供元のメタクウォーツ社から現在MT4はダウンロードはできませんが、実はFX業者の公式ホームページからMT4をダウンロードすることができます。

 

FX業者からダウンロードするといっても口座開設やアカウント登録が必須ではないので、手順さえわかってしまえば煩わしさを感じることなく簡単にMT4を手に入れることができるでしょう。

MT4をダウンロードするのにおすすめの業者

MT4をダウンロードできる業者はたくさんありますが海外FX業者の中でも利用者も多く、日本語に対応しているなどわかりやすいであろうサイトに絞ってご紹介したいと思います。

XMの場合

XMは口座をXMで開設しなくてもMT4がダウンロードできるので普段は別の業者を利用しているという方でもダウンロードができます。

 

ダウンロード手順
  1. まずはXMの公式ページを開き、メニューの中から「プラットフォーム」という項目をクリックしましょう。
  2. プラットフォーム一覧が表示されるので、自分のPC環境に合わせてデバイスを選択します。Windowsを使用している場合は「PC対応MT4」Macの方は「Mac対応MT4」を選びましょう。
  3. 次の画面の下の方に「ダウンロード」という項目が出るのでそちらをクリックすることでダウンロードが始まります。

 

Titan FXの場合

Titan FXもXM同様でTitan FXの口座を持っていなくてもMT4のダウロードが行える業者になっています。

 

ダウンロード手順
  1. まずはTitan FXの公式ページを開き、メニューの中から「お取引」をクリックしましょう。
  2. 「取引ツール」という一覧の中にMT4がいくつか出てきますのでその中から自分のPC環境に合わせたMT4をクリックします。Windowsなら「メタトレーダー4(MT4)」Macなら「Mac専用MT4」を選択しましょう。
  3. 次の画面になったら下の方に「MT4のダウンロード」という項目が出るので、そちらをクリックするとダウンロードが始まります。

 

MT4で別業者のサーバー情報を登録する方法・手順

通常は自身が使っている業者からMT4をダウンロードした方がそのまま業者に合わせた仕様でMT4が使えるのでそうした方がシンプルでおすすめです。

 

ですが、何か事情があってどうしてもMT4のダウンロードだけ普段使っている業者ではないところから必要になってしまった時は以下の手順で設定をしましょう。

 

XMからMT4をダウンロードしたが、他のFX業者の口座で使いたい場合
  1. MT4を開き、左上の「ファイル」をクリックして項目から「デモ口座の申請」を選びます。
  2. XMのサーバー名などが一覧でずらっと出ると思いますが、そのまま一番下に進んで「+新しいブローカを追加します。 例:”ブローカ名”またはアドレス mt.company.com:443」をクリックして接続予定のとサーバー名を入力します。
  3. スキャンが進み希望の接続するサーバーが表示されたらそちらを選択して「次へ」をクリックするとログイン画面に進みます。

 

サーバー情報がわからない場合は口座開設した際のメールなどを確認してみましょう。

 

通常は口座開設時のメールにログインIDやパスワードと一緒に接続サーバー名が記載されています。

そのままMT5を使ってみるのも1つの解決策

MT4を何とか使うことを考えるよりそのままMT5を使ってみるというのも1つの解決策になるのではないでしょうか。

 

結局大元であるメタクウォーツ社が開発を終了すると明言していることを考えると、MT4を使う事に意固地にならずにMT5に移行した方がいいのかなとも思います。

 

確かにMT4を現在利用していてEAやインディケータをフルに活用されている場合は難しいかもしれません。

 

ですが、現状ではMT5は不具合が多いと言われているものの、開発と修正が繰り返されていることで今後は主流になっていくことを考えると、今のうちから慣れておくというのもいいのではないかなと思います。

まとめ

ここまで、MT4をダウンロードしたらMT5になってしまったという方に向けて、メタクウォーツ社ではもうMT4をダウンロードができないことや、それでもMT4を使いたい方にFX業者からダウンロードができることなどをお伝えしてきました。

 

専用のインディケータなどがあってMT4に強いこだわりがある方は、今回ご紹介したやり方でMT4をダウンロードして使うといいと思います。

 

ですが、これからはMT5をメインにしていくことも視野に入れていい機会だと思ってMT5を使ってみるのもおすすめです。

おすすめの記事