MT4とMT5を比較!あなたはどちらを使うべき?

ここではFX取引で必要になるMT4MT5を比較してみます。

 

あなたはどちらを使ってトレードすべきなのでしょうか。

 

明確にMT4MT5のどちらが優れているとは言えない 

最初に言ってしまいますが、比較してみたところでハッキリとMT4MT5のどちらがいいか決めることはできません。状況によって変わるからです。

 

また、名前を見てなんとなく分かるとおりMT5MT4の進化バージョンなのですが、それでも劇的に変わっているわけではありません。

 

業界全体がMT5に移行している感じはしませんし、現在でも圧倒的にMT4ユーザーのほうが多いと言われています。

 

ただ、とにかく比較すること自体はできますので、本記事を参考に両者の特徴を把握していただければと思います。

全体的な動作性で比較すると?

具体的な機能の話ではありませんが、比較すればやはりMT5のほうが動作がサクサクです。

 

もちろんMT4でも十分快適にトレードすることはできますが、比べてみるとやっぱり違います。

 

特に素早い対応が必要になるスキャルピング取引をする場合はMT5を選ぶと何かと立ち回りやすいかと思います。

 

まあ、もちろんMT4で稼いでいるスキャルピングトレーダーもたくさんいるわけですが。

 

時間足で比較すると?

MT4MT5を比較すると、後者の時間足の種類は前者の2倍以上となっています。

 

また、MT4からMT5に進化するにあたって削除された時間足もありませんから、これまでMT4に慣れ親しんできた人であっても、時間足において困ることはないはずです。

 

ただ、2倍以上とはいってもMT5の時間足のなかにはかなりマニアックなものもあります。

 

それらのものは正直なところ実用性が低いということも覚えておきましょう。

 

カスタムインジケーターで比較すると?

MT4MT5を比較すると、MT4のほうがカスタムインジケーターがたくさんあります。

 

これは、「MT5はカスタムインジケーター向きの取引プラットフォームではない」という意味ではありません。

 

単純に「まだMT5のシェア率が低いので、MT5向きのカスタムインジケーターを開発する人が少ない」というだけです。

 

とはいえ、近年ではMT5対応のカスタムインジケーターも多くなってきました。

 

よほど凝った使い方をしない限りは、あまり困ることはないと思います。

 

EAで比較すると?

 

EA:「自動売買プログラム」のこと。エキスパートアドバイザーの略(基本的にオートトレードシステムなどとは呼びません)。

 

MT5でもEAを使うことはできますが、MT4用のEAのほうがまだまだ多いです。

 

その理由はカスタムインジケーターの事情とほぼ一緒ですが、「カスタムインジケーターのMT4MT5格差」と比較しても、EAについてはもっと差があるような気がします。

 

EAを使ったトレードをメインにする方針なのであれば、MT4を選ぶことをおすすめします。

 

気配値ウィンドウで比較すると?

気配値ウィンドウにおいて閲覧可能な項目は以下のとおりです。

 

MT5:詳細、プライスボード、通貨ペアリスト、ティックチャート
MT4:通貨ペアリスト、ティックチャート

 

MT4からMT5に進化したことで、気配値ウィンドウに「詳細」と「プライスボード」が加わりました。

 

従来の「通貨ペアリスト」と「ティックチャート」は残っていますね。

 

ちなみに、詳細では「直近の価格」「安値」「高値」を確認することが可能です。

 

MT4における気配値ウィンドウに慣れていると、MT5に切り替えたときに最初だけちょっと戸惑うかもしれません(情報量が増えるので)。

 

しかし、それほど難しい内容ではないのでMT5にもすぐに慣れることができるはずです。

 

まあ、そもそもMT4とそれほど違うわけでもありません。

 

ナビゲーターウィンドウで比較すると? 

MT4のナビゲーターウィンドウは、分類されずにタテにずらっと配置されていました。

 

それでも慣れれば大丈夫ですが、多少使いにくいことは確かです。

 

しかし、MT5のナビゲーターウィンドウはきちんと分類されています。

 

また、自由にフォルダを作成して更に分類することもできます。

(通常のパソコンのフォルダ分けに似ています)

 

ナビゲーターウィンドウについてはMT5のほうがちょっと便利であると言えるでしょう。

 

対応FX業者数で比較すると?

すでに少し触れていますが、MT5が利用できる海外FX業者はまだあまり多くありません。

 

しかし、MT4であればほぼ全ての海外FX業者で使うことができます。

 

また、「MT5だけが利用できて、MT4が利用できない業者」はほぼありません。

 

MT5が使える業者なら、まず間違いなくMT4も使えます。

 

そのため、「色々なブローカーで通用する」という観点で言えばMT4のほうが優れていると判断していいと思います。

 

これでMT5のほうが露骨に優れているのであれば、業界全体がどんどんMT5に移行していくと思うのですが……。

 

先ほどもお伝えしたとおり、MT4MT5で目を見張る進化をしたとは言いにくいです。

 

そのため、業界がMT5に移行するにはまだまだ時間がかかると考えられます。

(そもそも、「確実に移行する」とも言い切れませんし)

 

MT4MT5の開発会社のスタンスは?

FX業界」はまだまだMT4に親しんでいる様子です。

 

ですが、MT4MT5の開発会社である「メタクオーツ社」は、MT4の更新を既に停止しています。

 

平成27年あたりから更新ペースが落ちてきて、平成29年の更新がラストとなりました。

 

今ではMT5のアップデートに尽力しています。

 

もちろんこれからもこの状況は続くことでしょう。

 

ちなみに、MT4をメタクオーツ社のサイトからダウンロードするのは現在不可能となっています(MT5ならできる)。

 

しかし、「海外FXブローカーのサイト」にはMT4のダウンロードページがあるので、特に困ることはありません。

 

MT4のサービスを普通に続けている各ブローカー。

 

MT5に力を入れていきたいメタクオーツ社。

 

両者を比較すると、ちょっと「ズレ」が気になりますよね。

 

まあ、私たちトレーダーがどうにかできる問題ではありませんが。

 

FBSMT4MT5をダウンロードする方法

ここまで、MT4MT5を比較してきました。

 

最後にFX業者の「FBS」を例にとって、MT4MT5)をダウンロードする手順を見ていきましょう。

 

1.FBSのオフィシャルサイトにアクセス

MT4MT5のダウンロードをするだけなら、FBSの会員になる必要はありません。

(ほとんどの海外FXブローカーにおいて同じようなシステムになっています)

 

2.「取引プラットフォーム」を選択

オレンジ色の「取引口座を開設する」という欄の横に「取引プラットフォーム」という文字があるのでクリックしてください。

 

3.MT4MT5かを選ぶ

MT4MT5の解説が出ますが、あまり詳しい内容ではありません。

 

もっと知りたい方はご自身で調べる必要があるかと思います。

 

4.ダウンロードする

ウィンドウズ用、マック用、アンドロイド用、IOS用などのMT4MT5)があるので目当てのものをクリックしてください。

 

パソコンの設定にもよると思いますが、クリックすると特にワンクッションなくいきなりダウンロードが始まるので気をつけてください。

 

最後に

MT4MT5を比較してみました。

 

単純なスペックで言えばMT5が勝っていますが、「対応ブローカー数」「EA・カスタムインジケーター」など、色々な要素がありますから、結局のところケースバイケースで決めるしかありません。

 

ただ、一つ「もうMT4に慣れているからMT5に切り替えたくない」というのであれば、それでも全然構いません。

 

それくらいの差しかありません。

おすすめの記事