MT4・MT5の決済の種類や注文のやり方について

FXでトレードを行う際にチャート分析とトレードをするなら必須になるものと言っても過言ではないのがMT4やMT5です。

 

そんなMT4・MT5では持っているポジションを決済するにはいくつか方法があります。

 

そこで今回は決済注文の種類や注文の仕方、さらに番外編として通常はMT4・MT5ではできない一括決済をするための方法についてお伝えします。

 

決済方法の種類を覚えていれば普段は使うことがなかったとしてもいつか使う機会が来ると思いますのでいずれの決済方法のやり方もしっかり覚えておきましょう。

成行決済注文のやり方

成行決済注文にはチャートから行う方法とターミナルから行う方法があります。

 

チャートから行う場合

チャートに表示されているポジションの点線を右クリックしたときに表示される「閉じる」を選択しましょう。

 

ターミナルから行う場合

ターミナルの「取引」タブから保有されているポジションの項目の中から一番右に表示される×ボタンを選択すると決済されます。

 

もしくはポジションをダブルクリックすると表示される画面の中の下部に出る黄色いボタンを押すことでも決済可能です。

指値・逆指値決済注文のやり方

指値や逆指値での決済注文は、注文と同時に行うか注文後に追加するかの2パターンあります。

 

注文と同時に行う場合

注文と同時に決済を指値注文する場合は、新規注文を行う際にストップロス(損切り)やテイクプロフィット(利確)に値を入力して注文を出せば、設定したその値に到達したときに自動的に決済することができます。

 

注文後に追加する場合

注文後に追加する場合はチャートから行う方法とターミナルから行う方法があります。

 

チャートから行う場合

後から指値や逆指値で決済注文をする場合はチャート上から簡単に設定することができます。

持っているポジションの値はチャート上に点線で表示されています。

この点線を境に上下にドラッグ&ドロップするとその点線が置かれた位置が指値や逆指値の価格になります。

利確と損切りそれぞれで指値や逆指値の注文を出す場合は、ポジションの値を境に上と下の2回上記の操作を行うことで注文することができます。

 

ターミナルから行う場合

ターミナルの「取引」タブから指値や逆指値を設定することもできます。

任意の通貨ペアのポジションにカーソルを合わせて右クリックすると表示される項目の中から「注文の変更または取消」を選択します。

それから表示される画面になったらストップロスやテイクプロフィットの項目に指定したい値を入力して下部に表示される変更することを決定するボタンを押したら注文することができます。

トレイリングストップの場合

MT4・MT5ではトレイリングストップという決済方法を使用することができます。

 

トレリングストップとは?

トレイリングストップというのは逆指値をリアルタイムに自動修正する注文方法です。

 

例えば買いポジションでエントリーしていた場合に、トレイリングストップの注文を入れておくと高値を更新する毎に設定した幅を保ったまま逆指値の値が高く修正されていきます。

 

そういった性質を持つので少しでも高く利益を伸ばしたい時などに行われる注文方法になっています。

 

MT4 MT5ではトレイリングストップを注文するのに2つの方法があります。

 

チャートから行う場合

チャート上に表示されているポジションの点線を右クリックして表示される項目から「トレインリング・ストップ」を選択します。

 

ターミナルから行う場合

ターミナルの「取引」タブから任意のポジションにカーソルを合わせて右クリックすると表示される項目から「トレイリング・ストップ」を選択します。

 

どちらの方法でもデフォルトで用意されている15~50ポイント(1ポイント=0.1pips)の幅の中から選択して設定するか、「カスタム」を選んで幅を任意の数値にすることができます。

 

注意点としてはトレイリングストップを使う際はMT4 MT5を稼働させておく必要があるので、パソコンの環境だと場合によってはトレイリングストップが実施されるまでパソコンも24時間稼働させることになってしまうので電気代やパソコン自体の負荷には気を付けましょう。

【番外編】一括決済がしたい場合はoneclickclose(ワンクリッククローズ)を使う

通常MT4・MT5ではまとめてポジションを一気に精算するといったような一括決済することができません。

 

そのため複数の取引を行っている場合に一括決済したくてもいちいち1つずつ決済を行わなければいけないという手間がかかります。

 

一括決済をしたい時というのは大抵相場一気に動く時だったりするので、1分1秒が大事になるので悩みどころです。

 

そこで、そんな悩みを抱えている方にEAを使って一括決済をする方法をご紹介します。

 

一括決済を行うにはoneclickclose(ワンクリッククローズ)というEAを使用します。

 

このEAでは主に3つのボタンを押すことで以下のことができます。

 

CLOSE SELLボタン ⇒ ツールで設定した通貨ペアの買いのポジションの決済
CLOSE BUYボタン ⇒ ツールで設定した通貨ペアの売りのポジションの決済
CLOSE ALLボタン ⇒ 全てのポジションの一括決済

 

oneclickclose(ワンクリッククローズ)の使い方

ダウンロードは下記リンクページから行うことができます。

https://tasfx.net/2015/10/01/post-5661/

 

ダウンロードとインストールが完了してEAが適用されるとMT4 MT5のチャートの左下に青(CLOSE SELL)、赤(CLOSE BUY)、黄色(CLOSE ALL)の3つのボタンが表示されるので、それぞれのボタンを選択することで割り当てられた機能が実行されます。

 

複数決済モードの設定について

複数決済モードがオン(表記はtrue)にされている状態でCLOSE SELLかCLOSE BUYを押すと、CLOSE SELLかCLOSE BUYが設定されている全てのポジションが決済されます。

 

複数決済モードがオフ(表記はfalse)にされている状態でCLOSE SELLやCLOSE BUYを押した場合は設定された一番新しいポジションから押す毎に決済されます。

 

CLOSE ALLは全決済をするための機能である

CLOSE ALLを使うと全てのポジションの決済が行われます。

 

これは保有している異なる通貨ペア同士もすべて一括で決済されます。

 

週末を迎えて保有しているポジションが複数あった場合に一括決済したい時などに使う機能になります。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

 

今回はMT4・MT5を使う方に向けて決済方法の種類や決済注文のやり方、そして一括決済ができるツールについてご紹介しました。

 

これからMT4・MT5を使う方にとっては色々な決済方法を知っておくことで今後のトレードに活用できる知識にもなっていると思いますので、何度も読み返したりしてぜひ参考にしてみてください。

おすすめの記事