ドル円の相場予想2020年10月12日(月)1時時点 ~米大統領選挙を巡る続報にも注視~

プロFXトレーダー X の本日のドル円予想 【2020年10月12日(月)1時 時点】

こんにちは、毎月100万円をコンスタントに稼ぐプロFXトレーダー X です。
本日もドル円の相場予想をしていきます。

 

9日ののドル円はアジア市場では、30分足の切り上げを割り、ロンドン市場ではその切り上げで頭を抑えられ、ニューヨーク市場にかけて30pips程下がりました。
その後、もたつきながら9日は105.61でクローズしました。

今日のドル円はロングでみてます!

ドル円は伏し目である106.00を目指して、20pips程狙う動きにかけてます!!

ロンドン市場もしくニューヨーク市場で5分足、15分足がゴールデンクロスしたらエントリーして20pips程狙います。

ストップはリスクリワードが1対2になるようにおきます!
伏し目である106.00狙いですがその前にインジケーターがあれば、そこで利確します。

【相場が予想に反して思いっきり逆に動いた場合 w・・・(転換)】

もしもロンドン市場もしくはニューヨーク市場で上がりきらずに上値が重い場合、5分足、15分足がデッドクロスしたら目線を切り替えて、ショートでエントリーします!
ドル円は1時間足の安値である105.46を目指して、15pips程狙います!!
ストップはリスクリワードが1対2になるようにおきます。

ドル円に絡む最新ニュース ~米大統領選挙を巡る続報にも注視~

ファンダメンタルズ的には、

  • 日米金融政策の方向性の違い
  • 米政治の先行き不透明感(11/3に予定されている米大統領選への不透明感)
  • 新型コロナウイルスの感染再拡大リスク(欧米でのロックダウン再開リスク)
  • 米中対立先鋭化リスク
  • 米追加景気対策の後ずれリスク

などドル円相場の続落を想起させる不安材料が山積みの状態です。

また、

  • 10/13の米9月消費者物価指数や米9月財政収支
  • 10/14の米9月生産者物価指数
  • 10/15のニューヨーク連銀製造業景況指数や米10月フィラデルフィア連銀景況指数

があるため、引き続きドル円相場の下落が予想されます。

プロFXトレーダー X の中期のドル円予想

テクニカル的にみると30分足の切り上げを割って、下がりはしましたが中期で見ると上昇トレンドを形成しています。
しかし、ファンダメンタルズ的にみると米政治の先行きは不透明です。
ドル円相場の続落を想起させる不安材料が山積みの状態なので今週も引き続き、下落が予想されます。

 

ドル円の目線の結論

本日はドル円ロング!!

ドル円は伏し目である106.00を目指して、ロングでみていく!

当たる自信70点!

本日のレンジ幅

104.93~106.26

本日の重要指標

本日のドル円に絡む重要指標を掲載します。
※★は1~5段階、5が一番重要

本日の重要指標はありません。

2020年10月9日(金)の【プロFXトレーダー X 】のトレード結果

9日は10pips程利益がでました!!

9日は30分足の切り上げで頭を抑えられたのをみて、ショート目線に切り替えました。
ロンドン市場の22時15分に5分足、15分足がデッドクロスしたので105.85でエントリー!

その結果・・

10pipsくらい走ったので、利確しました!
利確目安としては、インジケーターであるサポート3が105.73にあったのでその手前で利確しました。

おすすめの記事