ドル円の相場予想2020年10月27日(火)1時時点~米大統領選に関する続報、議会選の行方にも注視~

プロFXトレーダー X の本日のドル円予想 【2020年10月27日(火)1時 時点】

こんにちは、毎月100万円をコンスタントに稼ぐプロFXトレーダー X です。
本日もドル円の相場予想をしていきます。

昨日のドル円は、アジア市場の終わりからロンドン市場にかけて、値動きが上下に振りながら短期で切り上がり、105.04をつけました。
その後、ニューヨーク市場では現在、伏し目である105.00付近でもみ合っています。
ドル円のレートは0時50分現在、104.90です。

今日のドル円は引き続き、ショートで見てます!

ドル円は23日のロンドン市場の安値である104.53を目指して、20pips程狙う動きにかけてます!!

アジア市場では揉み合うとみてますが
ロンドン市場もしくはニューヨーク市場で、伏し目である105.00で頭を抑えられて、5分足、15分足がデッドクロスしたらエントリーして20pips程狙います。

ストップはリスクリワードが1対2になるようにおきます!
104.53狙いですがその前にインジケーターがあれば、そこで利確します。

【相場が予想に反して思いっきり逆に動いた場合 w・・・(転換)】

もしもロンドン市場もしくはニューヨーク市場で、伏し目である105.00で支えられて、5分足、15分足がゴールデンクロスしたら目線を切り替えて、ロングでエントリーします!
ドル円は21日につけた104.32を目指して、20pips程狙います。
ストップはリスクリワードが1対2になるようにおきます。

ドル円に絡む最新ニュース~米大統領選に関する続報、議会選の行方にも注視~

ファンダメンタルズ的には、

  • 日米金融政策の方向性の違い
  • 朝鮮半島や中東、香港や中央アジアを巡る地政学的リスク
  • 英とEUの通商交渉
  • 米の新型コロナ経済支援協議
  • 新型コロナウイルスの感染拡大リスク
  • 米政治の先行き不安(11/3に予定されている米大統領選への不透明感)
  • 米中対立先鋭化リスク
  • 米追加景気対策の後ずれリスク
  • 日本経済の先行き不透明感

などドル円相場の続落を想起させる不安材料が山積みの状態です。

また、11月3日、米大統領選とともに実施される米上院選について、
週末に米紙ワシントンポストが「非公開会合でトランプ氏が『共和党の過半数維持は非常に厳しい』と発言していたことが分かった」などと報じ、物議を醸しました。
次期米大統領が民主党候補、上下院ともに民主党が制するという、いわゆる「トリプル・ブルー」の可能性がさらに高まってきています。
米大統領選のみならず、同時に実施される議会選の行方にも注視する必要があるでしょう。

プロFXトレーダー X の中期のドル円予想

テクニカル的にみると、ドル円は下げに対する調整の戻しで上がっていました。
昨日は伏し目である105.00まで到達しましたが、ここはちょうどフィボの50.0%戻しがあり、1時間足のサポレジになる場所なので、今日は105.00で頭を抑えられて、下がるのではないかと考えてます。
ドル円はファンダメンタルズ的にも下がると見てるので、今週も引き続きショート目線です!

 

ドル円の目線の結論

本日はドル円ショート!!

ドル円は伏し目である105.00で頭を抑えられたらショートでみていく!

当たる自信75点!

本日のレンジ幅

104.33~105.52

本日の重要指標

本日のドル円に絡む重要指標を掲載します。
※★は1~5段階、5が一番重要

時間重要度指標
21時30★★★★アメリカ・耐久財受注
22時00★★★アメリカ・S&Pケースシラー住宅価格
23時00★★★★アメリカ・コンフォレンスボード消費者信頼感指数
00時00★★★イギリス・ネーションワイド住宅価格指数

2020年10月26日(月)の【プロFXトレーダー X 】のトレード結果

昨日のドル円は値動きが上下に振っていたたため、エントリーしていません。

おすすめの記事