ドル円の相場予想2020年10月5日(月)1時時点 ~トランプ大統領のコロナ感染に関する続報に要注意~

プロFXトレーダー X の本日のドル円予想 【2020年10月5日(月)1時 時点】

こんにちは、毎月100万円をコンスタントに稼ぐプロFXトレーダー X です。
本日もドル円の相場予想をしていきます。

2日のドル円はトランプ米大統領の新型コロナウイルス感染を受けて、アジア市場からロンドン市場にかけて70pips程唐突に下がりました。
その後、ニューヨーク市場にかけて調整の戻しで上がり、105.31でクローズしました!

今日のドル円は引き続き、ファンダが絡むとみてるのでショートで戦略を立てていきます!

ドル円は1時間足の安値である104.83手前を目指して、30pips程狙う動きにかけてます!!

アジア市場もしくはロンドン市場で5分足、15分足がデッドクロスしたらエントリーして30pips程狙います。

ストップはリスクリワードが1対2になるようにおきます!
104.83付近狙いですがその前にインジケーターがあれば、そこで利確します。

 

【相場が予想に反して思いっきり逆に動いた場合 w・・・(転換)】

もしもアジア市場もしくはロンドン市場で伏し目である105.00に支えられて5分足、15分足がゴールデンクロスしたら目線を切り替えて、ロングでエントリーします!
ドル円は2日のニューヨーク市場の高値である105.39を目指して、20pips程狙います!!
ストップはリスクリワードが1対2になるようにおきます。

ドル円に絡む最新ニュース ~トランプ大統領のコロナ感染に関する続報に要注意~

ファンダメンタルズ的に見ても、

  • トランプ米大統領の新型コロナウイルス感染を受けて、11月3日のアメリカ大統領選挙への不透明感が一段と増す状況
  • アメリカと中国の対立が激しくなるリスク
  • 新型コロナウイルスの感染再拡大リスクによる、世界的ロックダウンリスク)
  • アメリカの追加景気対策の交渉が厳しくなる

このように、ドル円相場の下落を想起させる不安材料が山積みとなっており、下落リスクが警戒されます。

 

さらに、アメリカの主要経済指標も下記の通り発表となります。

  • 10月5日のISM非製造業景況指数
  • 10月6日のパウエルFRB議長発言
  • 10月7日のFOMC議事要旨及び米副大統領候補者討論会

そのため、新型コロナウイルスの感染拡大状況、トランプ米大統領の新型コロナウイルス感染の状況によって、ファンダメンタルズ的にはドル円相場の下落を視野に入れています。

プロFXトレーダー X の中期のドル円予想

今週のドル円はトランプ大統領のファンダメンタルズが大きく影響するとみてます。
今日もしくは明日で104.00円台に突入すると考えてます!

テクニカル的にみると1時間足の安値である104.83を割ると次の目安は104.39となり、そこまでは無空なので今週中には104.39に到達するとみてます!
また、ファンダメンタルズ的にみると米政治の先行きは不透明です。トランプ米大統領の新型コロナウイルス感染を受けて、11/3に予定されている米大統領選への不透明感が一段と増す状況にあります。
ドル円はテクニカル的にも、ファンダメンタルズ的にも、下落リスクが警戒されると考えています。
ただ、コロナ感染でトランプ氏の選挙活動が制限されることで対抗馬の民主党候補バイデン氏も選挙活動を控えた場合、大統領選を巡るニュースが大幅に抑制され、ボラティリティー低下につながるかもしれません。

ドル円のチャート

ドル円の目線の結論

本日はドル円ショート!!

ドル円は104.83手前を目指してショートでみていく!

当たる自信80点!

本日のレンジ幅

104.39~105.66

本日の重要指標

本日のドル円に絡む重要指標を掲載します。
※★は1~5段階、5が一番重要

時間重要度指標
23時00★★★★★アメリカ・ISM製造業景気指数

2020年10月2日(金)の【プロFXトレーダー X 】のトレード結果

2日はショート目線でしたが唐突に下がってしまったため、エントリーしてません。

おすすめの記事