海外FXに便利なビットウォレット【メリット・デメリット】

海外FXを利用する時に不便なのが「資金の出入金」。
銀行の海外送金を使うと、手数料も時間もとても多くかかってしまいますよね。

 

「海外FX口座への出入金の費用をもうちょっと安く抑えたい……」という人におすすめなのが、今回紹介するビットウォレット(Bitwallet)

 

ビットウォレットを利用すれば、手数料も時間も大幅に節約することができるんです。

 

「でも……ビットウォレットって名前は聞いたことはあるけど、いったい何なの?」
「ビットウォレットでお金のやり取りをして安全なの?」

 

と不安になっている人がいるかもしれません。

 

そこで今回は、ビットウォレットについてその特徴やメリット・デメリット、手数料を安く抑える方法について詳しく解説していきます。

ビットウォレットってなに?

ビットウォレット(Bitwallet)とは、米ドル、円、ユーロの法定通貨と仮想通貨のやり取りができるオンラインウォレット。
セキュリティにも優れ、世界200ヵ国で利用することができます。

 

海外FXの取引をしている人には、FX口座と自分の日本の銀行口座の間で資金をやり取りできるとても便利なシステム。
ビットウォレットを利用することで、今まで発生していた銀行の海外送金手数料が不要になりますよ!

ビットウォレットのメリット

メリットがたくさんあるビットウォレット。
それぞれのメリットを詳しく見ていきましょう。

 

海外FXの資金のやり取りを1つにまとめて分かりやすく

複数の海外FX口座を持っている場合、ビットウォレット対応の会社への資金のやり取りを1つにまとめることができます。

 

今までは口座ごとに出入金の手続きをしていたものが、ビットウォレット1つですべてできるようになり、管理がとても楽にできるようになりますよ。

 

また、ビットウォレットと海外FX会社間の出入金の手数料はとても安いため、かかる費用も大幅に節約できます。

 

使えるクレジットカードのブランドが豊富

オンラインウォレットによってはVISAMasterCardしか受け付けていないところもありますが、ビットウォレットは、

 

VISA、MasterCard、JCB、AMEX、ダイナース

 

が利用可能です。
ほとんどのブランドに対応しているので、「カードを使いたいけど、持っているブランドが対応していない……」という心配がありません。

※クレジットカードで出入金する場合、別途手数料がかかるので注意!

登録が簡単&登録料・維持費が無料

ビットウォレットへのアカウント登録は無料でできます。
登録方法はとても簡単で10分もあれば終了しますよ。

※登録後に、出入金するための設定をする必要があります。

 

また、口座の登録料や維持費は無料なのでとりあえずアカウントを作っておくと、いざ取引をしたい時にすぐに入金することができます。

 

送金時間が短い

手続きをしてから着金するまでの時間が短いのもうれしい点です。
早ければ当日中、遅くても3日ほどで着金が確認できます。

 

日本語対応

ビットウォレットは公式サイトも日本語対応なので安心。
問い合わせも日本語でできますよ!

※公式サイトより、サポートチャット・メール・電話にて問い合わせが可能です。
(
電話での問い合わせは、シンガポールへの国際電話になります)

 

ビットウォレットのデメリット

メリットが多く便利なサービスのビットウォレットですが、やはりデメリットも。
ビットウォレットのデメリットについて詳しく見ていきます。

 

入金時のクレジットカード手数料が高い

ビットウォレットの口座に入金する場合、クレジットカードを使って入金すると別途手数料が取られてしまいます。

 

アカウント登録料・維持費 無料
銀行振込での入金 無料(1)
クレジットカードでの入金
(VISA
Mastercard)
入金額の8
クレジットカードでの入金
(JCB
AMEX、ダイナース)
入金額の8.5%
日本の銀行口座への出金(日本円) 824円
日本の銀行口座への出金(米ドル、ユーロ) 4800円
海外の銀行口座への出金(日本円、米ドル、ユーロ) 4800円

1 別途、銀行振込手数料等が必要になります。

 

アカウント登録後に口座を使うための手続きが必要

ビットウォレットのアカウントを登録後、実際に口座を使う(出入金をする)ためにはいくつか手続きが必要になります。

 

  • 本人照明のための身分確認書の送付
  • クレジットカードを利用する場合はクレジットカードの認証

 

アカウントの登録はとても簡単なのですが、登録後にさらに手続きが必要になるので手間に感じるかもしれません。

 

ただ、海外FXをするなら海外送金手数料など高額の手数料を節約できるので、面倒くさがらずに登録時に一連の手続きもすべて終わらせてしまいましょう!

 

ビットウォレットについてのFAQ(よくある質問)

ビットウォレットについてよくある質問をまとめました。

 

アカウントの登録は何歳からできるの?
登録は20歳以上なら誰でも登録できます。
登録時に本人確認が必要になるので、以下の3点を用意しましょう。・顔写真付き本人確認資料(運転免許証、パスポートなど)
・IDセルフィー
・現住所確認書類※IDセルフィーとは「オンライン上で写真と本人を確認するための手段」です。
本人確認資料の顔写真と自分の顔とを一緒にセルフィーで撮り、提出しましょう。
資料の顔写真と本人の顔が一致するかを写真で判断します。

 

クレジットカードの入金限度額を引き上げるには?

クレジットカード両面の画像を提出し、認証完了後にクレジットカードでの入金限度額が引き上げられます。

※本人確認が完了していない場合、入金限度額の引き上げはできません。
本人確認を済ませてからクレジットカードの認証を行いましょう。

 

クレジットカード、銀行からの入金の他にどんな方法で入金できるの?
スマホ決済としてApple Payでの入金が可能です。
Apple Payを利用する場合の入金手順はこちら。1.メニューの「ご入金・お預かり」から「Apple Pay」を選択
2.入金先の通貨を選択。「JPY(日本円)」を選びましょう。
3.決済金額を入力し、入金手数料が引かれた「差引入金額」を確認したら「ご入力内容の確認」をタップ
4.確認画面でもう一度確認したら「セキュア-ID」を入力し「Pay」ボタンをタップ
5.決済に利用するクレジットカードを選び、支払い金額を確認したら「Touch IDで支払う」をタップ
6.「入金完了」と表示されればApple Payでの支払いは完了です。※2段階認証を設定している場合は、4.の手順ではセキュアIDではなく「2段階認証の認証コード」を入力してください。

 

2段階認証って何?どうして設定した方がいいの?
メールアドレスを取得した第三者が不正にログインしようと試みるアクセスが急増しているため、ビットウォレットでは不正アクセスへの対策として2段階認証を推奨しています。
2段階認証にすることで、ログイン時に・アカウント登録時に設定したログインパスワード
・認証アプリから発行される認証コードの両方が必要になります。
認証コードがログイン時に必要になるため、第三者が不正にアクセスするのが難しくなり、より安全にサービスを利用できます。

 

ビットウォレットを利用できるおすすめ海外FX

XM

海外FXを行っている日本人が最も利用しているといわれている「XM」。
知名度や安定度が高いこと、ボーナスやプログラムが豊富なことで人気がある海外FX会社です。

 

通貨ペア数 57種類
最低入金金額 500円
最大レバレッジ 400倍
ロスカット基準 20%
スプレッド(USDJPY) 0.1pips
ボーナス

 

XMもビットウォレットに対応していますが、出入金ルールが少し複雑なので注意が必要です。

 

  • 入金と同じ方法でしか出金できない
  • 利益分の出金方法は海外送金のみ

※ビットウォレットで入金した場合でも、利益分の出金は海外送金のみとなるので注意!

 

おすすめの記事