海外FXでリスクを抑えて億万長者をねらえ

世の中には「億万長者」と呼ばれる人たちがいます。1億円以上を稼いだり保有したりしている人たちですね。

 

「なってみたいけど、リスク冒してまではちょっと、、、」

「いやいや、お金は楽して稼ぐもんじゃないんだよ」

 

そういうあなたも、もし小さいリスクで億万長者になれるかもしれない方法があったら、試してみたくはないですか?

 

今回は、海外FXでリスクを抑えながら億万長者を目指す方法を見ていきたいと思います。

 

こんな人たちが億万長者になっている

億万長者の半数以上がトレーダー

日本で年間1億円を稼ぐ人たちはどのくらいいて、何をしている人たちなのでしょうか?国税庁の統計によると2017年に国内で1億円以上を稼いだのは2万3250人。その内訳は、下の表のとおりです。

 

  種別 割合
1位 株・FXなどのトレーダー 56.4%
2位 大企業の役員 31.8%
3位 経営者 7.8%
4位 不動産所有者 2.8%
5位 作家・ミュージシャン 1.2%

 

なんと株やFXのトレーダーが半数以上を占めています。その人数は1万3254人!

 

2位以下を見てみると、大企業の役員や経営者、作家やミュージシャンと、これまでの人生でかなりのご苦労やご努力をされてきていたり、並々ならぬ才能を駆使したりして活躍されている方が多いようです。

 

こうみると、トレーダー以外は、誰もが「今なりたい」と思ってなれるような地位ではないことが分かります。

 

逆に、トレーダーは特別に地位や学歴、才能などを必要しません。圧倒的に簡単だと思いませんか?そんなトレーダーが、億万長者になった上位の9割以上を占めているのです。

 

また、トレーダーには競合相手というものが存在せず、マーケットと向き合っているのが仕事なので、対人関係でのストレスも溜まることはありません。

 

まさにトレーダーこそみんなにチャンスがある億万長者への近道であるといえます。

 

フツーは大きな利益をねらうにはリスクも大きい

投資の原則はハイリスク・ハイリターンとローリスク・ローリターン

「1万円の利益を狙うなら、1万円を失うリスクも覚悟すべし」このように、リターンが大きくなるほど、リスクもこれに比例して大きくなるというのが投資の原則です。

 

投資信託は時間がかかりすぎる

投資信託やiDeCoなどは、ローリスク・ローリターンの商品です。だいたい年利2~4%を目指す運用がされていて、大きな損失を被ることもないけど、1年で資金が倍になることも期待できません。「1000万円を20年かけて2000万円に」というような手堅い長期運用に適しているといえます。

 

また、長期的にまとまった利益を狙うとしても、初めにまとまった資金を必要とします。元手が100万円であれば、20年かけても200万円どまりなのです。

 

ですから、どうやって初めにまとまった資金を準備できるかが、課題となります。

 

国内FXでは一瞬で多額の借金を背負うことも

追証のリスクが付きまとう国内FX

国内FXでは、最大レバレッジが25倍と少ない資金で大きな利益を狙うことが可能です。

 

しかしその一方で、大きなリスクが存在することも忘れてはなりません。

 

国内FXでは、利用者の損失を一定ラインに抑えるためにロスカットというシステムが採用されています。しかし、負けトレードが混んだり、突然の大暴落に巻き込まれたりした場合には、ロスカットが遅れてしまうことがあるのです。そうなると、マイナス残高がかなり膨れ上がってしまうことになります。そんな時に国内FX業者からやってくるのが追証です。口座内の残高不足を埋めるために追加入金を請求してくるのです。

 

実際に、スイスフランショックやリーマンショックの際には、何千万円もの損失を出している人も少なくありません。

 

規制が大きなリターンを阻む

国内FXのレバレッジは最大25倍に規制されています。

 

これに対して、海外FXには1000倍というレバレッジを設けている業者も数多く存在します。レバレッジは、少額な資金で大きな利益を狙うために絶大な効果をもたらしてくれるものです。国内FXでは、これを規制している分、大きな利益を得るチャンスが限られていることになります。

 

これがローリスク・ハイリターンの海外FXだ

海外FXがローリスクである理由

大きな利益を狙う後押しとなるゼロカットシステム

海外FXでは、どんなに大損害を負いそうな結果になっても、口座残高は0でストップします。そしてマイナス分は業者が自動的に補填してくれるんです。これがゼロカット。

 

どんなに失敗しても口座残高以上は損しないところに、海外FXがローリスクである最大の理由があります。

 

一方で、国内FXはマイナス分をきっちりと追証してくるわけですから、ぜんぜん違いますね。

 

豊富なボーナスを活用して自己負担を小さくできる

海外FXの特徴の一つに、豊富なボーナスが挙げられます。多くの業者が設けているのは、口座開設ボーナスや入金ボーナスです。これらは国内FXでは考えられないほど豪華なんです。

 

これらのボーナスは取引でも使えるので、やり方次第ではボーナス分だけで利益を出ししまうことも可能なのです。

 

例えば、日本人にも人気の海外FX業者「XM」のボーナスは次のように設定されています。

 

  • 口座開設ボーナス・・・初回のみ3000円
  • 入金ボーナス・・・・・入金額により異なる(最大50万円)
  • 取引ボーナス・・・・・取引ごとにクレジットに交換可能なXMポイントで付与

 

このうち、入金ボーナスは入金ごとにもらえます。ボーナスの割合は入金額によって異なりますが、例えば5万円入金した場合は100%の5万円のボーナスがもらえて、10万円で取引ができるということになります。

 

ボーナスは自己資金ではありませんので、これで取引を行う場合はローリスクどころかノーリスクになっちゃうわけですね。

 

ハイレバレッジだから少ない資金で始められる

高いレバレッジは、これまた海外FXの最大の魅力の一つです。国内FXは最大レバレッジが25倍に規制されていると申し上げましたが、海外FXにはこのような規制がありません。したがって、業者によっては数百倍や数千倍ものレバレッジをかけて取引をすることが可能なのです。

 

この高いレバレッジを活用すれば、少ない資金で大きな利益を狙えることになります。しかも、資金を倍増させるために、投資信託なら数十年、株でも数ヶ月かかるところ、海外FXでは1週間で実現する可能性も十分にあるのです。

 

まとめ

ここまで、海外FXの優位性を確認してきました。追証なしのゼロカットシステムやボーナス、ハイレバレッジなど、海外FXならではの強みを活かしながら、少ない資金でリスクを抑えながら取引をしていくことが、億万長者への近道であることがお分かりいただけたでしょうか?

 

億万長者になるチャンスは皆さんにあります。ぜひ、挑戦してみてください。

おすすめの記事