今週のドル円の相場感想速報まとめ 【2020年12月14日~12月18日】
  • 新型コロナウイルスの感染拡大
  • 米経済指標の冴えない結果
  • 米FOMCにてフォワードガイダンスが強化されたことによる米金融緩和の長期化観測
  • 対欧州通貨でのドル売り圧力
などが重石となり、約9ヵ月ぶり安値となる102.88まで急落しました。 これは、直近安値103.17や節目ある103.00を割り込んだことに伴うロスカットが関係しています。 今後も新型コロナウイルスのワクチンなどの続報には注視しましょう。 今週のドル円相場は、週間高値104.15まで上昇した後、下記のような要因で約9ヵ月ぶり安値となる102.88まで急落しました。 これは、ネガティブなファンダメンタルズが影響しました。
  • 新型コロナウイルスの感染拡大
  • 米経済指標の冴えない結果
  • 米FOMCにてフォワードガイダンスが強化されたことによる米金融緩和の長期化観測
  • 対欧州通貨でのドル売り圧力
などが重石となり、約9ヵ月ぶり安値となる102.88まで急落しました。 これは、直近安値103.17や節目ある103.00を割り込んだことに伴うロスカットが関係しています。 今後も新型コロナウイルスのワクチンなどの続報には注視しましょう。

今週のドル円の相場感想速報まとめ 【2020年12月14日~12月18日】

今週のドル円相場は、週間高値104.15まで上昇した後、下記のような要因で約9ヵ月ぶり安値となる102.88まで急落しました。 これは、ネガティブなファンダメンタルズが影響しました。
  • 新型コロナウイルスの感染拡大
  • 米経済指標の冴えない結果
  • 米FOMCにてフォワードガイダンスが強化されたことによる米金融緩和の長期化観測
  • 対欧州通貨でのドル売り圧力
などが重石となり、約9ヵ月ぶり安値となる102.88まで急落しました。 これは、直近安値103.17や節目ある103.00を割り込んだことに伴うロスカットが関係しています。 今後も新型コロナウイルスのワクチンなどの続報には注視しましょう。
おすすめの記事