今週のドル円の相場感想速報まとめ 【2020年11月23日~11月27日】

今週のドル円の相場感想速報まとめ 【2020年11月23日~11月27日】

今週のドル円相場は、週間安値103.68まで下落した後、下記のような要因で一時104.77まで上昇しました。 これは、ポジティブなファンダメンタルズが影響しました。
  • 新型コロナワクチンに関する期待感の高まり
  • 欧米株の底堅い動き
  • 米長期金利の持ち直し
  • 米11月総合PMIの力強い結果
  • 米国における政局不透明感の後退
そのため、これらが支援材料となり、高値104.77まで上昇しました。 これは、トレーダーたちが伏し目である105.00が意識され、売りが入った感じです。   一方、ネガティブなファンダメンタルズとして、
  • 米11月消費者信頼感指数
  • 米11月リッチモンド連銀製造業指数の冴えない結果
  • 新型コロナウイルスの感染拡大
  • 米感謝祭(Thanksgiving day)前後のポジション調整
  • 米長期金利低下を受けたドル売り圧力
などが重石となり、104.00付近まで再び反落し、104.05で27日はクローズしました!
おすすめの記事