今週のドル円の相場感想速報まとめ 【2020年10月12日~10月16日】

今週のドル円の相場感想速報まとめ 【2020年10月12日~10月16日】

今週のドル円相場は、週間高値105.89まで上昇しましたが、下記のような要因で約2週間ぶり安値となる105.04まで下落しました。
これは、ネガティブなファンダメンタルズが影響しました。

・米製薬大手企業が開発中の新型コロナウイルスのワクチン治験が安全性の問題で停止されたとの一部報道
・米大統領選挙を前にした先行き不透明感
・米追加景気対策の後ずれリスク
・新型コロナウイルスの感染再拡大懸念
・英国の合意無き離脱リスクの再燃リスク

そのため、週初105.71で寄り付いた後、早々に週間高値105.89まで上昇しましたが、そこで上値を抑えられて、そこからは下落をはじめました。
これは、トレーダーたちが伏し目である106.00が意識され、売りが入った感じです。

一方、ポジティブなファンダメンタルズとして、

・トランプ米大統領による追加景気対策の増額指示
・米主要株価指数の持ち直し
・米経済指標(米9月小売売上高や、米10月ミシガン大消費者信頼感指数)の力強い結果

が支援材料となり、最終的には105.40近辺まで持ち直しました。

プロトレーダーXの来週月曜日のドル円予想は10月19日の日付変わりで公開します。

おすすめの記事